他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 青いケシの種 | トップページ | ツユクサ »

十六夜薔薇

富士山麓のサンショウバラが咲き始めたようです。我が家でも八重咲のサンショウバラが咲き始めました。正確には、十六夜薔薇と呼びます。

十六夜薔薇は、サンショウバラとコウシンバラの自然交配種で、原種系のバラだそうです。中国南西部から東南アジアにかけて自生しており、日本には江戸時代以前に入って来たようです。

Izayoibara_0604_3s

蕾は、棘のようなもので覆われています。

Izayoibara_0604_4s

少し花弁が見えて来ました。

Izayoibara_0604_2s

Izayoibara_0604_1s

今年の初花。咲き始めは、何処か欠けたようになっているため十六夜の名がついたそうです。

Izayoibara_0906_1s

こちらは昨年6月下旬に撮った花です。欠けた所が無く、綺麗な丸みを帯びています。

蕾が沢山付いていて、次から次へと咲いて来ます。親株の横にも芽が延びてくるし、実生の苗も出ていますので、もっと増やそうと思っています。

« 青いケシの種 | トップページ | ツユクサ »

コメント

りんさん、お早うございます。
このバラは、葉も山椒のようで変わっています。
最近では、外来の植物がいろいろ入ってくるので、今まで見たことの無い面白い植物が見られますね。
本来なら暖かい地方の植物が地植で育てることが出来たり・・これも温暖化のお陰かもしれません。

sun今日は。十六夜薔薇、不思議なツボミですね。それと似たたぶんカーネーションの仲間をこの間スーパーで見ました。
いろいろ変ったものがあるものですねーー。

tomokoさん、お早うございます。
富士山麓には、山椒とそっくりな葉を持つサンショウバラが生えています。こちらも、野に咲くバラの中では一番大きい花が咲きます。八重咲きのサンショウバラなんて見たことが無く、とても感動しました。ところが、調べてみるとイザヨイバラだということが分かりました。
種を採って発芽すると、栽培の楽しみも更に広がります。高地に咲く花が、我が家で発芽すると感動です。何とか実のいるまで頑張ってほしいと思っています。

十六夜薔薇、花だけ見たのでは、とてもバラに見えませんね。
不思議な感じで見せていただきました。香りはどうなんでしょう?
そして青いバラの最終花、確かに弱弱しいけれど、見れば見るほど淡い色の変化だとか雄蕊の美しさだとか・・・
見飽きない、心ひかれるものがありますね。種がうまく発芽して育ちますようにって、遠くから祈っていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/48587055

この記事へのトラックバック一覧です: 十六夜薔薇:

« 青いケシの種 | トップページ | ツユクサ »