他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ペピーノ | トップページ | ギンリョウソウ »

オウゴンスゲとアソヒメユリ

植え付けてから、一度も植え替えをしていない鉢です。阿蘇姫小百合と書かれた名札がついていました。その横に生えて来た菅の仲間・・今年は実らしきものがつきました。

Ougonsuge_0505_2s

中央が阿蘇姫小百合(アソヒメユリ)です。

Ougonsuge_0505_1s

今まで気づきませんでしたが、小さな実がついています。何という菅(スゲ)だろう?菅はカヤツリグサ科スゲ属に分類され、とても多くの種類があるそうです。あっ、新総理の姓と一緒だ・・。

Pugonsuge_0613_2s

実が黄色く色づいて来ました。 

Pugonsuge_0613_1_1s

これって、園芸店で黄金菅と呼ばれている種類ではないでしょうか?ヒメユリを手に入れた時、小さな苗が混じっていたようです。ラッキー!happy01

Himesayuri_0613_1s

これはアソヒメユリの蕾。今年も何とか咲いてくれそうです。細く頼りない茎なので、毎年ひやひやしています。

Asohimesayuri_1_1s

以前咲いた花。とても小さな花です。自生地の阿蘇地方でも、減少の一途をたどっている貴重な百合だそうです。この植物も、手に入れたのは残念ながら閉店してしまった河口湖山草園です。親父さんご夫婦はお元気だろうか・・また会いたいものです。

« ペピーノ | トップページ | ギンリョウソウ »

コメント

yo-shi2005さん、お早うございます。
確かに頑固一徹な親父さんでしたね。
地元の親父さんのお弟子さんが「話をしてくれたり、お土産に鉢を貰った人は、親父さんが気に入った証拠だ」と話してくれました。
yo-shiさんも私も少しは気に行って貰えたようですね。

私が名づけた、河口湖山草園の頑固一徹さん。
懐かしいです。いろいろよく説明してくれて、山野草を愛して、考えに一本筋が通っているような感じの人でしたね。だからこんな人は頑固に見えるんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/48655739

この記事へのトラックバック一覧です: オウゴンスゲとアソヒメユリ:

« ペピーノ | トップページ | ギンリョウソウ »