他のブログ・HP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

雑木林の山野草

丸火自然公園で見かけた、花の咲いていない山野草を集めてみました。

Saihairan_marubi_3s

Saihairan_marubi_1s

あちこちで見かけるサイハイラン。5~6月の開花時期が楽しみです。

Saihairan_marubi_2s

サイハイランのバルブ。東北出身の友人は、焼いて食べるとネトネトして美味しいと言っていました。「う~ん、花を見るだけにしておいた方が良いと思いますcoldsweats01」。

Saihairan_k1s

サイハイランの花(2007.5.26撮影)。

Ebine_marubi_1s

見た目似ていますが、サイハイランより柔らかいエビネの葉です。絶滅危惧種に指定されていますが、割と見かけます。ただ、大きな株はあまり見当たりません。

Ebine_1s_0419

エビネの花のアップ(2009.4.19撮影)。

Itiyakusou_20100328_1s

イチヤクソウの葉だと思います。

Kanaoi_20100328_1s

これも良く見かけるカンアオイの葉です。図鑑で見るとオトメアオイの葉に似ています。

Kanaoi_09_2s

カンアオイの花(2009.2.28撮影)。

ナガバノスミレサイシン

この季節に咲く丸火自然公園の花で、このナガバノスミレサイシンも忘れてはなりません。雑木林の遊歩道沿いに沢山生えています。

Nagabanosumiresaisin_20100328_1s

ツインズ。

Nagabanosumiresaisin_20100328_2s

拡大して見ると・・。

Nagabanosumiresaisin_20100328_7s

同じくツインズですが、花弁の先端が丸みを帯びています。

Nagabanosumiresaisin_20100328_6s

左は淡い紫色系、右は白系の花です。

Nagabanosumiresaisin_20100328_3s

こうして比べてみると、花弁の形や開き方にかなり変異があります。次回は、もっとじっくり観察しようと思います。

Nagabanosumiresaisin_20100328_4s

「距は丸く太い」「距は丸い袋状になる」・・なるほど。

Nagabanosumiresaisin_20100328_5s

長葉の菫細辛(ナガバノスミレサイシン)の葉は、「三角状長卵形」と図鑑に書かれています。言葉だけでは分かりませんcoldsweats01

図鑑には、もうひとつ興味ある事が書かれていました。「太くて長い根は、トロロにして食用になる」・・美味しいのかな?

雪景色

昨晩の雪から一夜明けて、山々の景色は真冬に逆戻りです。通勤途中、浮島工業団地の南辺りから、富士山と愛鷹連邦を撮ってみました。

Asitaka_fuji_0330_1s

手前に見えるのは沼川です。

Fujisan_0330_1s

富士山も裾まで白くなっています。

Asitakayama_0330_1s

愛鷹連邦も全体が白くなっています。

Asitaka_0330_3s

越前岳山頂(左)と大岳山頂(右)・・どれくらい積もったのでしょう。

Asitaka_0330_2s

愛鷹山も手前の茶畑も真っ白です。

この季節に、こんなに裾まで白くなるなんて予想もしませんでした。もう大丈夫だろうと思って軒下に出したクンシランは、今年も葉を傷めてしまいましたweep。他の植物も芽が出てきたのに・・被害が心配です。

丸火自然公園の白い花

丸火自然公園で見つけた白い花を集めてみました。

Fujizakura_20100328_2s

Fujizakura_20100328_1s

この季節、一番の見頃はマメザクラ(フジザクラ)の白い花です。葉の落ちた雑木の間に白い花が浮かびあがって見えます。

Fujizakura_20100328_3s

「ガク筒は紅褐色を帯び、オシベ多数、下向きに咲く」 そうです。

Noitigo_20100328_1s

Noitigo_20100328_2s

これは野イチゴの花です。萼片の色が上と違います。マメザクラよりもっと下向きに咲いています。かなり照れ屋なようですね。

Ume_marubi20100328_1s

バーベキュー広場には、まだ梅の花が咲いていました。

Tamaajisai_karesugata_1s

タマアジサイのドライフラワーです。飾り花が白い花という事で載せてみました。

三月末の雪

もう四月になろうとしているのに、静岡でも雪が降りました。桜の花が心配です。

Nekkan_yuki_1s

客先に行った帰り道・・熱函道路を下るところです。大粒の雪が降って来ました。

Yuki_tyabatake_20100329_1s

茶畑も真っ白。

Yuki_ume_1s

花の終わった梅の木に、また花が咲きました。

Yuki_sidare_1s

これから咲こうという八重枝垂れ桜・・蕾は大丈夫かな?

Yuki_aroe_20100329_1s

アロエも真っ白。

Yuki_hakumokuren_1s

満開のハクモクレン・・白いから雪が降っても分かりませんcoldsweats01

静岡県東部(富士山南東、南西)には、大雪警報が出たそうです。植物の被害が心配です。

ニリンソウ(丸火自然公園)

丸火自然公園には、ニリンソウの群生しているところがあります。そろそろ花が見られるかと思い行ってみました。

Nirinsou_20100328_1s

Nirinsou_20100328_2s

所々にこんな感じで生えています。開花はまだ先のようです。

Nirinsou_20100328_3s

良く見ると、蕾が見えています。二輪同じ大きさではなく、付け根にオマケで付いているようです。

Nirinsou_20100328_5s

中には、二輪目の蕾が無いものもあります(ニリンソウでも一輪だけしか咲かない株もあります)。園芸店などで、二輪咲いている株を手に入れても、翌年からは一輪しか咲かない事もありますので、生育環境によって花数が決まるのかもしれません。

Torikabuto_20100328_1s

似た葉が近くに出ていました。これはトリカブトの葉だと思います。葉の色が違うし、模様が無いから区別できますね。

Miyamakatabami_20100328_1s

ニリンソウの近くには、この深山カタバミも生えています。ニリンソウよりもう少し日照の少ない所が好みのようです。葉は、日照(時刻)によって開いたり閉じたりします。面白いでしょ?

丸火自然公園には、いろいろな植物が見られます。雑木林の中を歩きながら、いろいろな植物を探してみませんか?

シュンラン(丸火自然公園)

今日は寒い一日でした。午後から予定があったため、午前中に近くの丸火自然公園を探索して来ました。

丸火自然公園は、大勢の人たちで賑っており、バーベキュー広場からは、準備係の楽しそうな声が聞こえて来ました。

公園内の雑木林では、シュンランの花が見頃です。

Syunran_20100328_9s

Syunran_20100328_8s

下を向いて咲くのでこんな状態で見えます。

Syunran_20100328_10s

Syunran_20100328_5s

ちょっと失礼して顔を上げてもらいました。似たような花ですが、良く見ると側花弁(下の腕を広げたような部分)や唇弁(花芯)の模様などが違っています。

Syunran_20100328_1s

萼片(上の三枚)や側花弁が黄色系の花です。紫系や緑系など変異があり、園芸種にはオレンジ系の花まであります。

Syunran_20100328_3s

Syunran_20100328_4s

後ろから見ると・・こんなに違います。

シュンランは、一茎一花ですが、一茎に二花咲いているものを見た事があります。花の変異を見比べながら探索するのも楽しいです。

シュンランは、雑木林の中に沢山生えています。群生というより点在していますから、発芽させるための養分(蘭の種子は、養分がないため蘭菌などの助けがないと発芽しないそうです)が落ち葉の中にあるようです。

千束神社

富士市桑崎地区に、千束(せんぞく)と呼ばれているところがあります。現在は養鶏場があるだけですが、以前は数軒の民家もあったそうです。

「ここには確か神社があったはず」・・古い記憶を辿り、探索してみました。

Senzokujinjya_10s

林の向こうには養鶏場が見えます。ちょっと臭う・・coldsweats01

Senzokujinjya_9s

神社を探しているとこんな立て札がありました。辺りには、ごみが散乱しています。不届きな輩が多い昨今です。厳しい罰則を考えるべきだと思います。

Senzokujinjya_1s

なんとなく参道のような感じがしたので登ってみました。

Senzokujinjya_2s

数十メートル歩くと、建物跡のようなものが見えて来ました。神社跡のようです。

Senzokujinjya_8s

近づいて見ると階段のような石積みが見えます。この石積みの手前が拝殿で、上段が神殿跡のようです。

Senzokujinjya_5s

神殿跡と思われるところにトタンをかぶった祠のようなものがありました。偶然こうなったのか、誰かが被せたのか分かりませんので、そのままにして置きました。

Senzokujinjya_6s

神社跡のすぐ上には、民家があった頃使っていたと思われる、水道のタンクのようなものがありました。

当時を知る人はもういないのかもしれませんが、こういう場所はもう少し整備していつまでも残しておきたいですね。

今日も勤労奉仕の仕事でした。下請けさんが頑張ってくれたので、明日は休めそうです。とても嬉しい!

シラネアオイ

   ホームセンターの園芸コーナーで手に入れたシラネアオイの花が咲きました。図鑑で見る花とはかなり違った感じですが・・。

Siraneaoi_20100313_1s

Siraneaoi_20100313_2s

葉が花を抱え込んで守っているようです。

Siraneaoi_20100313_3s

Siraneaoi_20100313_4s

包んでいた葉が広がって、花が見えて来ました。この後、花弁のしわが伸び、もう少し見られる花型になりました(雨が降ったので写真を撮り損ねました)。

Siraneaoi_20100313_5s

何というか・・ヒマラヤの青いケシ「メコノプシズグランディス」もこんな感じの花でした。山里とは言え、自生地に比べてずっと暖かい我が家では、図鑑で見るようには咲かないのかな?

まぁ、開花の様子が分かっただけでも良しとしよう・・。自生地の花は、ロココさんのブログで拝見してください(http://chieko-1950.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_159f.html)。

【追記】今日のココログは何かおかしい・・。記事が書きにくいし、画像の配置もやりにくい。文字にリンクも貼れない。プログラムのせいかな?

スイセン2010

今日も雨・・良く降ります。

まだ咲き揃っておりませんが、我が家のスイセンを集めてみました。

Suisen_2010_1s

Suisen_2010_3s

Suisen_2010_6s

黄色いスイセンも色々あります。

Suisen_2010_2s

豪華な感じのラッパズイセンです。

Suisen_2010_4s

花被片(ガクと花弁)と副花冠(ラッパ部)の組み合わせがいろいろあって面白いです。

Suisen_2010_5s

八重咲きと言えば良いのかな?

Suisen_2010_7s

中心の筒も白い日本スイセン。

Suisen_2010_8s

スズランスイセンは下向きにひっそりと咲いています。

父親が残したスイセンは、まだまだいろいろな種類があります。いつか同じ場所に植えてみようと思っています。

寄生木と取木

月曜日に、富士山スカイラインを走っての帰路、天照教~十里木へ抜ける途中で寄生木を見かけました。

Yadorigi_200100322_1s

「あの雪洞のようなものは何だろう?」樹木に葉の無いこの時期だから目に止まります。

Yadorigi_200100322_4s

Yadorigi_200100322_3s

拡大して見ると・・やっぱり寄生木です。もっと分かる写真は、以前の記事を見てください→寄生木

Toriki_20100322_1s

この側の斜面の下には、枝に絡まったビニルが・・(望遠で撮影)。

Toriki_20100322_2s

良く見ると、ミズゴケを巻いて取木をするつもりかな?誰かがしかけて忘れてしまったのかもしれません。何の木か分かりませんでしたが、可愛そうです。

ソメイヨシノ開花

今日は冷たい雨の一日でした。打ち合わせで通りかかったソメイヨシノの桜並木を撮ってみました。

Someiyosino_20100324_1s

Someiyosino_20100324_2s

雨に濡れる桜も良いですね。週末頃は、見頃でしょう。でも、今週末は土日とも仕事です。辛い・・weep

Someiyosino_20100324_3s

Someiyosino_20100324_4s

「ガク筒には毛があり、赤みを帯びる」と書かれていました。

Kanhizakura_20100322_1s

まだまだ咲いている我が家の寒緋桜。愛鷹山をバックに紅色が映えます。

Momo_20100322_1s

そろそろ咲きそうな花桃。カラフルは花弁が楽しみです。

今夜は寒い!早く寝よう・・。

畑わさび

わさびの花を見ると、安曇野を思い出します。

初めて行って、右も左も分からない頃でしたので、休日の行き先は現場事務所・・一人で雪を纏ったアルプスを眺めていると、地元の方がわさびの三杯酢漬けを作って持って来てくれました。辛さと甘酸っぱさが信州の春を感じさせてくれ、いつまでも忘れられない味です。

Wasabi_20100322_1s

根元から新しい芽が次々に出て来ます。

Wasabi_20100322_2s

アブラナと同じく四弁花です。小さくて可愛い花ですね。

Wasabi_20100322_3s

Wasabi_20100322_4s

拡大して見ると、雄しべは六本付いています。

実はこのわさびは、流れる水が無くても栽培できる畑わさびです。三杯酢にするには、まだまだ増やさないといけません。

ハクモクレン

我が家のハクモクレンもやっと咲きだしました。町中では、もう散り始めているところです。山里とはいえ少し遅咲きのような気がします。

Hakumokuren_20100322_2s

蕾の毛皮が外れ、真っ白い花弁が見えたところです。良く見ると、葉も毛皮に覆われています。過保護なヤツです。

Hakumokuren_20100322_3s

Hakumokuren_20100322_5s

Hakumokuren_20100322_4s

「なんだ、全体の写真は?」・・ピンボケしてしまいましたので、後で追加しますcoldsweats01

(二月末蕾の様子↓)

Hakumokuren_0228_1s

蕾は、二重の毛皮で覆われています。

Hakumokuren_0228_2s

外側の毛皮を脱いだところです。暖かそうでしょ?

ハクモクレンは、樹が大きくなり、花も沢山付けるので見栄えがします。でも、この後花弁が散り、秋には大きな葉が散り、掃除が大変です。

アーモンドの花

果樹の畑も春がやって来ました。開花の一番手は、アーモンドです。昨年は、6個収穫出来ました。今年はどうだろう?

Amondo_20100321_1s

Amondo_20100321_2s

まだ小さな木ですが、沢山花が咲きました。

Amondo_20100321_4s

蕾も綺麗です。

Amondo_20100321_3s

Amondo_20100321_5s

少し大型の花で、白い花弁に紅をさしたような綺麗な花です。

【オマケ】

Nefutarin_20100321_1s

ネフタリンの蕾、開花はもう少し先になりそうです。

Kimomo_20100321_1s

黄桃の蕾。二年連続で野猿に盗られました。昨年、萌が追い払ってから野猿は来ていないようですが・・。

果樹も野菜も花が咲き、楽しみな季節になりました。でも、これから雑草との戦いが始まります。

ドライブ

今日は天気が良いので、雨で巨大化してしまったシイタケを採り、天日干ししました。萌の散歩の後ですから、6時半頃から・・せっかくの休日なので、時間を有効に使いたくて。

9時半頃になって、午前中だけどこかドライブしてこようと思い立ち、御殿場方面に向かいました。富士市~裾野市十里木~御殿場市滝ヶ原~富士山スカイラインを通って富士市へ戻るドライブルートで、昼前には家に帰る事が出来ます。

Fuji_takigahara_1s

左に見える塀は、陸上自衛隊東富士演習場です。

Fuji_takigahara_4s

我が家から見る宝永山の後ろ側が見えます。

Fuji_takigahara_3s

「チェーンが必要」と表示されていましたが、路面は凍結も無く、次郎右衛門塚付近に少し雪があっただけで無事通行できました。

Fuji_drive_2s

熊出没やこのような道路標識が目に付きます。途中の山中に、二頭のシカを見つけました。でも、後続車がいたため写真は撮れませんでしたweep

Fuji_drive_1s

須山を通って、十里木高原~富士サファリへ抜ける道の標識。

Nisiusuduka_20100322_1s

山の天気は変わりやすく・・。

これは、西薄塚の駐車場から富士山に向かって撮った写真です。御殿場側からあれほど綺麗に見えていた富士山は姿を隠してしまいました。天気が良ければ、下のように見えます。

Fujisan_5s

上の写真は、中央右の木の辺りを撮ったものです(西薄塚駐車場)。

午後は、昨日に引き続き畑の草取りで、身体中痛い!まぁ、充実した休日でした。

裏庭のスミレ

家の周りのスミレも咲きだしました。

我が家の裏庭に生えている白花ヒナスミレ。姉妹は大阪にお嫁入りして可愛い花を咲かせてくれたそうです。→kunpeidaさんのブログ

Hinasumire_w20100321_3s

Hinasumire_w20100321_1s

Hinasumire_w20100321_2s

花芯に髭が見えます。

Hinasumire_w20100321_ix4s

横顔・・。

Hinasumire_w20100321_ix5s

ヒナスミレの赤ちゃんです。

Tubosumire_20100321_4s

ムベの鉢に居候しているタチツボスミレ。

Tubosumire_20100321_2s

日を浴びて気持ち良さそうです。

Tubosumire_20100321_3s

横顔・・。

Tubosumire_20100321_1s

ツボスミレも咲きだしました。

今日は、午後から遅ればせのジャガイモを植えて来ました。草取りもしたので、あちこち痛い・・weep。明日は風が吹かないと良いのですが・・。

チャルメルソウ

今朝は凄い雨でした。おかげで早く目が覚めてしまいました(歳のせいではありませんbleah)。

我が家のシンボルツリー、八重枝垂れ桜の下に生えているチャルメルソウの花が咲きました。いつ植えたのかも分かりませんが、一メートル四方に密集して生えています。

Kotyarumerusou_20100321_7s

魚の骨のような部分が花弁だそうです。花弁は8裂。

Kotyarumerusou_20100321_4s

これも花弁は8裂だと思います?

Kotyarumerusou_20100321_1s

赤みがかった花・・。花弁は9裂と10裂

Kotyarumerusou_20100321_3s

花弁は9裂。

Kotyarumerusou_20100321_2s

これも花弁は9裂。

Kotyarumerusou_20100321_6s

緑っぽい花・・いろいろです。花弁は10裂です。

Kotyarumerusou_20100321_5s

葉は、マルバチャルメルソウの形と似ています。でも、毛が生えていて茶褐色の色素が見えます。→【チャルメルソウの仲間比較画面】

私はこのチャルメルソウは、コチャルメルソウだと思っているのですが、図鑑によると花弁は7~9裂と書かれています。10裂以上のものは、ミカワチャルメルソウ(7~11裂)とマルバチャルメルソウ(5~11裂)だけのようです。しかも、図鑑のものと葉が違うような気がします。どなたか鑑定をお願いします。

雑木林のカタクリ

今日も奉仕勤務の土曜出勤でしたweep。暖かくていい天気なので悔しい!

工事立ち合いは、富士宮市万野原・・帰路、山の手を富士方面に向かって走ると「富士根北中学校」の案内看板が目に止まりました。「あっ、カタクリの里だ!」カタクリの咲く林は、この中学校の南側にあり、生徒たちが保護活動をしている事で知られています。

Katakuri_20100320_1s

富士宮市から富士に向かって・・左手が富士根中学校の施設、右手の雑木林がカタクリの自生地です。

Katakuri_20100320_15s

中学校入り口の擁壁に、校章とカタクリが描かれていました。

Katakuri_20100320_6s

細長い蕾。

Katakuri_20100320_5s_2

段々膨らみ・・。

Katakuri_20100320_12s_2

花弁が反り返ります。

Katakuri_20100320_2s

Katakuri_20100320_10s

逆光で見ても綺麗です。

Katakuri_20100320_13s

下を向いているので、写真が撮りにくい・・。

Katakuri_20100320_17s

図鑑には、「六本のオシベの内、後から出てくる三本は長い」と書かれていました。でも、この写真以外は同じ大きさに見えます。

Katakuri_20100320_7s

これは、普通に見られる葉。

Katakuri_20100320_8s

こちらは、模様が白色です。小さな葉でも普通は上のような模様ですから、この株は白系の花が咲くのではないかと思います。イワシャジンも、葉の色で花が区別できます。

今日は、観察通路が閉鎖されていて中には入れませんでした。でも、道路沿いからでも咲いている花を確認する事が出来ます。

明日は雨のようです。やっと休みなのに・・weep

馬頭観音

馬頭観音は、馬のお墓や山道などの交通の難所に建てられています。この記事では、あまり人目に触れる事のない場所に建てられている馬頭観音を紹介します。

【富士市桑崎黒坂地内】

Batou_kannon_ku8s

吉永郷土研究会さんの案内看板のところから、ヒノキの林を登っていくと二段になった石積みの上に観音様が見えます。台座正面には「内山観音」と刻まれていました。

Batou_kannon_ku2s

道路沿いの看板には、舟光背合掌(ふなこうぜがっしょう)と書かれていますが、丸光背坐像の方が適切な表現のように思います。素人の意見ですが・・。

Batou_kannon_ku3s

少し斜めから・・。

Batou_kannon_ku6s

ちょっと失礼して後ろ姿を撮ってみました。台座には、「明治四十五年三月三日、吉永村桑崎、佐藤金?建立」と刻まれています。

【富士市桑崎駒場地内】

Umaduka_02s

こちらは、吉永郷土研究会さんの看板は無く、同会で発刊されている「道祖神」にも載っていません。地域では、馬のお墓と伝えられている場所です。・・ちょっと傾いていました。

Umaduka_1s

馬頭観音は、「頭に馬頭を載せている」と書物に書かれていました。でもこの石像は、お坊さんの背にキツネが乗っているように見えます。どう見ても観音様には見えないし、馬というよりキツネに見えませんか?馬頭観音と呼んでいいのか迷っています。

側面には、嘉永三年(1850年)正月十四日と刻まれているように見えます。気になるのは、台座に「右ハ石井、左ハ桑崎」と刻まれています。この事から想像すると、以前は赤渕川流域に祀られていたのをこの場所に移したようです。

道祖神や馬頭観音、庚申の碑などを調べ歩くのも、往時を想像できて楽しいものです。でも、この場所はどちらも一人で行くとちょっと怖い・・coldsweats01

裏庭の花

裏庭の河津桜の花も散り、続けていろいろな植物の花が咲き始めました。

Tatitubosumire_20100314_1s

タチツボスミレの花・・太郎坊

Jirobouengosaku_20100314_2s

これは、ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)。変わった名前ですね。

「伊勢地方で、子供がこの花を次郎坊、スミレを太郎坊と呼んで、花の距をひっかけて遊んだことに由来する。漢方では、この仲間の塊茎を乾燥させたものを延胡索と呼び鎮痛などに用いる」と図鑑に書かれています。

Jirobouengosaku_20100314_3s

すみれと同じような距が目に付きます。

Kanhizakura_20100314_1s

Kanhizakura_20100314_2s

寒緋桜も開花しました。桃の蕾も膨らみ始め、裏庭もいよいよ賑やかになって来ました。

沼川沿いの花(その他)

沼川沿いで見つけた黄色以外の花を集めてみました。

Hotokenoza_20100314_2s

シソ科の一番手は、ホトケノザです。斑点が可愛いですね。

Himeodorikosou_20100314_1s

同じくシソ科のヒメオドリコソウ。

Odorikosou_20100314_3s

これもシソ科のオドリコソウ。淡紅紫色のものと淡黄色のものがあるそうです。これは前者のようです。

Odorikosou_20100314_2s

拡大して・・。花の内側を撮るのを忘れましたcoldsweats01

Karasunoendou_20100314_1s

カラスノエンドウ。野菜畑のエンドウマメも花が咲きだしました。

Suzumenoyari_20100314_2s

これは、スズメノヤリで良いのかな?

他にも何種類か見つけましたが、記事はこれでお終いにします。

沼川沿いの花(黄色)

歩く事が主でしたのでのんびり写真を撮っていられませんでした(置いてけぼりされるので)。ここでは、目に付いた黄色の花を集めてみました。

Nourusi_20010314_2s

一番手は、浮島ヶ原自然公園の主役、絶滅危惧種のノウルシです。

Nourusi_20010314_1s

拡大して・・「ピンボケじゃないか」。「風が強かったのでcoldsweats01」。

Hikinoaksa_20100314_1s

もうひとつの絶滅危惧種、ヒキノカサです。

Kekitunenobotan_20100314_1s

これはケキツネノボタンで良いのかな?

Nanohana_20100314_1s

各所で見られた菜の花(セイヨウカラシナやセイヨウアブラナ)ですが、この写真は昨年秋のウォーキングで種の入った泥団子を蒔いたところに生えていたものです。コースから少しだけ外れるため、見向きする人は殆どいませんでしたが、ちゃんと育っていましたよ。

Nanohana_20100314_2s

これも風が強く、ピンボケしてしまいました。

Tanpopo_20100314_1s

沢山の花を付けているタンポポ(セイヨウタンポポ)。

Tanpopo_20100314_3s

Tanpopo_20100314_5s

タンポポの種類はいろいろありますが、同じ種類でもこんなに違う花を付けていました。

沼川沿いから見た富士山

この記事では、沼川沿いの遊歩道から見た富士山を集めてみました。

Numagawa_fuji20100314_2s

配電線を気にしないで写真の撮れるところが沢山あります。

Numagawa_fuji20100314_3s

Numagawa_fuji20100314_5s

川面に映る富士山が見られるかも?

Numagawa_fuji20100314_6s

こんな場所もあります。

Numagawa_fuji20100314_7s

沼川支流の滝川沿いを、日本大昭和板紙(旧大昭和製紙吉永工場南門)に向かって歩きます。

Numagawa_fuji20100314_8s

所々に製紙工場のパイプラインが横断しています。

川沿いには、菜の花が咲いていて春を感じさせてくれます。この菜の花には、大きく分けてセイヨウカラシナとセイヨウアブラナがあるそうです。詳しくは次のブログを見てください。→みかんの花日記

客観的にみれば、まだまだ河川や川沿いに捨てられたゴミが目に付きます。この遊歩道が歩ける状態を保つことで、沢山の人の目に触れ、橋梁下などに捨てられたゴミが減ると嬉しいのですが・・。

沼川「春のお花見ウォーク」

今日は、富士市を流れる沼川沿いのウォーキングに参加しました。集合場所の東田子の浦駅についた時には、大勢の参加者が集まっていました。

Numagawa_w314_1s

東田子の浦駅から北に向かい、浮島ヶ原自然公園を目指します。

Numagawa_w314_2s

高木産業(パーパス)北側の歩道橋を渡り、国道一号線を横断します。黄色い建物の隣に見えるのが浮島ヶ原自然公園です。

Numagawa_w314_3s

自然公園では、富士自然観察会の講師の方から、ここに生えている貴重な植物の説明をして頂きました。何しろ人数が多く、木道は大渋滞です。写真の中央付近の川にアオサギがいましたが、あまりの人数に首だけ出して戸惑っているようでした。

Numagawa_w314_5s

2月6日に、草刈りを手伝った土手。桜のつぼみも膨らみ始めていました。私よりお兄さんやお姉さんが多かったのですが、みんな健脚ぞろいでのんびり写真を撮っていると置いて行かれますcoldsweats01

Numagawa_w314_6s

富士山も良く見えました。

Numagawa_w314_7s

ゴール地点の田宿川です。いつ見ても綺麗な流れです。

運動不足なので疲れましたが、天候に恵まれ楽しいウォーキングでした。途中の景色や植物観察は次の記事で・・。

桜いろいろ

今日は風が冷たいけど良い天気でした。桜の花もいろいろ咲きだしました。

Kanhizakura_20100314_1s

Kanhizakura_20100314_2s

我が家では、やっと開き始めた寒緋桜。

Okamezakura_20100314_1s

Okamezakura_20100314_3s

Okamezakura_20100314_2s

これは、寒緋桜と豆桜(フジザクラ)の交配種でおかめ桜です。イギリスの研究所で作出されたそうです。

Sakura_f20100314_1s

Sakura_f20100314_2s

Sakura_f20100314_3s

これは種類が分かりません。早咲きの桜の中では、白っぽい花で、萼片や花茎に毛が生えています。

Someiyosino_20100314_1s

ソメイヨシノの蕾も膨らみ始めて来ました。本格的な桜の季節は目前です。

ロン毛の甲斐犬と萌の散歩

園芸センターで、遠くからこちらを見ている犬・・ロン毛の甲斐犬みたいです。

Kaimix_20100313_4s

呼ぶと少しだけ近づきますが、傍まで来ません。

Kaimix_20100313_1s

甲斐犬を知らない人から見れば、あまり綺麗では無い毛色の犬かもしれません。

Kaimix_20100313_2s

店主さんに「あの犬は、甲斐犬MIXですね」と聞くと、「そうらしい。迷子でここに来たんだが、馴れてくれない」と言っていました。

そしてこちらは、我が家の我儘な甲斐犬「萌」です。散歩の時間が少し遅いだけで、ぴぃーぴぃー文句を言います。

Moe20100310_2s

散歩も明るいうちに行けると楽です。「おい、萌こっち向けよ!」散歩に出ると、私の言う事を無視している事が多いです。聞こえていても聞こえないふり・・困った奴です。

Moe20100310_4s

Moe20100310_3s

好奇心旺盛な目で何かを探しています。鳥を追ってダッシュする時があるので、手綱をしっかり持っていないと危険です。

Moe20100310_5s

「おい、萌待てよ!態度悪いと餌抜きにするぞ!」「なんだ、五月蠅い飼い主だな」

明日は休み。良い天気になぁーれ。

栽培棚と庭の植物

今日は暖かい一日でした。仕事が順調に終わって、栽培棚等を見る余裕がありました。この陽気で、いろいろな植物の芽が出て来ました。

Apoitorikabuto_20100313_1s

アポイトリカブトの新芽。他のトリカブトに比べて小さな葉です。まだ芽の出ていない北岳トリカブトに似ています。

Nirinsou_20100313_1s

これもトリカブト?名札が無いのではっきりしませんが、ニリンソウではないか思います。

Yaburegasa_20100313_1s

Yaburegasa_20100313_2s

家の裏に生えているヤブレガサ。

Hakkakuren_20100313_1s

隣にはハッカクレンの可愛い葉が出ています。上のヤブレガサと似た形の葉ですが、片や毛むくじゃら片やツルツル・・。

Siraneaoi_20100313_1s

Siraneaoi_20100313_2s

これは、自生の花を見る事が出来ないので園芸店で手に入れたシラネアオイです。葉が花を守りながら出て来たようです。

Sirobanahinasumire_20100313_1s

そろそろ咲きだすかな?我が家の裏庭に生えている白花ヒナスミレ(とても珍しいそうです)。一部が大阪へお嫁入りして、その子供が花を咲かせました。こちらで見てください→。【わが家のスミレと山野草のお話し】

果樹畑の花

果樹畑にもそろそろ花の季節がやって来ます。

Amondo_20100311_1s

Amondo_20100311_2s

ピンクの花弁が見え始めたのは、アーモンドです。毎年少しずつ花数が多くなっています。桃やスモモは、野猿に狙われますが、身の硬いアーモンドは狙われた事がありません。野猿もしっかりしています。

Akebi_20100311_1s

アケビの花もそろそろ咲き始めます。付け根の大きなのが雌花で、先端部の葡萄のような方が雄花だそうです。

Suisen_r2010_0311_1s

Suisen_r2010_0311_2s

こちらは、日当たりの良い石垣沿いに生えているラッパズイセンの花。日を浴びて気持ちよさそうでしょ?

日曜は休めるかな?このところ、休日が待ち遠しい・・。

裾野~御殿場

ここ数日、富士市から裾野市を通り、御殿場市まで工事立ち合いに行っています。富士市とは、かなり温度差があります。

Susono_20100311_1s

裾野市、忠ちゃん牧場手前の交差点。右手に富士サファリパークの入り口があります。まだ、だいぶ雪が残っています。

Asitakayama_20100311_1s

大野原付近から振り返って見た愛鷹連邦。3月にこの雪景色・・。

Hakoneyama_20100311_1s

御殿場市神馬から見た箱根山。

Hakoneyama_20100311_2s

拡大して・・。

Fujisan_g201012_1s

御殿場市大阪(富士岡駅付近)から見た富士山。

Fujisan_g201012_2s

御殿場市神場からの富士山。富士市から見た富士山よりさらに白い。

Hikoukigumo_g0312_2s

Hikoukigumo_g0312_3s

御殿場市には、自衛隊の演習場があるため、いろいろな航空機やヘリコプターが目に入ります。

明日も御殿場です。今日は午後から急に冷え込んで来ました。あまり寒くないと良いのですが・・。

庭の植物観察

春の訪れとともに、日が伸びて喜んでいます。庭の植物観察が、休日でなくても出来るので・・。

Kanhizakura_20100310_1s

下界ではもう咲いているようですが、我が家ではもう少し先になりそうな「寒緋桜」の蕾です。河津桜は、この寒緋桜と早咲き系のオオシマザクラの自然交配種と言われているそうです。

Hananira_20100310_1s

Hananira_20100310_2s

ピンボケのハナニラ・・可愛い花です。

Hanadaikon_20100310_1s

Hanadaikon_20100310_2s

花大根も咲きだしました。家の周りに雑草のように生えています。丈夫な植物ですが、ハモグリバエの被害を受けやすく、葉が白い落書きのようになる事があります。

Syunran_0311_1s

Syunran_0311_2s

葉と似た色で気付かなかったのですが、春蘭も咲いていました。春蘭は、花弁が黄色系や紫色系のものもあって、じっくり観察すると面白いです。

また御殿場での工事立ち合いが始まりました。日陰には、先日の雪が残っています。毎日、今日のような暖かい日だと嬉しいのですが・・。

赤っぽいタンポポ

萌の散歩をしていて見つけたタンポポ・・ちょっと赤っぽい。

Tanpopo_20100310_2s

赤っぽい蕾。

Tanpopo_20100310_4s

花弁も総苞外片も赤っぽい・・。

Tanpopo_20100310_3s

Tanpopo_20100310_1s

Tanpopo_20100310_5s

隣の株は綿毛になっていました。琵琶湖周辺には、赤みの強いトウカイタンポポが見られるとWebに載っていました。タンポポは、図鑑を見ても良く分かりません。

日が伸びたとはいえ、夕方の写真なので見難くて恐縮ですcoldsweats01

富士山と愛鷹山

昨日は、各地で雪が降ったようです。富士山や愛鷹山(あしたかやま)も冬に逆戻りです。富士宮市方面では、雪の塊が道路に落ちていました。

Fujisan_20100310_1s

Fujisan_20100310_2s

裾まで白くなっています(富士市今宮)。

Fujisan_20100310_4s

Fujisan_20100310_3s

とても寒そうです(富士市大渕)。

Asitakayama_20100310_3s

Asitakayama_20100310_2s

Asitakayama_20100310_1s

愛鷹山も白くなっていました。

考えてみれば、3月の雪は珍しくなく、毎年降っていると思います。一昨年は、ウチョウランの芽出し用の水をかけた翌日、急に冷え込んで雪が降りました。お陰で大切な球根を幾鉢か駄目にしてしまいましたweep

これが最後の雪だと思うのですが・・。明日は、また御殿場市に行かなければなりません。路面は大丈夫だろうか?

朝の散歩道

今夜は寒い!我が家の周りは雨ですが、愛鷹山には雪が降っています。今冬はこれで最後の雪になって欲しい・・rainsnow

日の出が早くなったとはいえ、6時前後の散歩では写真も綺麗に撮れません。でも、休日以外はこの時間しか家にいないので仕方ありませんweep

Yotuba_1s

Yotuba_2s

クローバーを見かけると、四つ葉を探すのは何でだろう?

Hiyasinsu_2s

Hiyasinsu_1s

隣の株は葉ばかり大きく、この小さな株には申し訳なさそうに少しだけ蕾がつきました。

Tyuripu_1s

チューリップの葉も見えてきました。植えてあるというより、適当に生えているという表現の方があっています。

Kuroneko_1s

家の庭に、萌と同色の猫がいました。眼の光が地球外生物のようですね。

Kuroneko_2s

Kuroneko_3s

素早く逃げると思ったら、ゆっくり去って行きました。興奮して追いかけようとしている萌と対照的です。

雨の中の植物

このところ雨ばかりで、植物の写真もなかなか撮れません。小降りになったところで、庭の植物を撮ってみました。

Asebi_20100307_1s

この時期、庭で目につくのがアセビの花です。

Asebi_20100307_2s

雨に濡れた淡いピンクの花がとても綺麗です。

Boke_20100307_2s

例年になく沢山の蕾を付けた地植えのボケ。

Boke_20100307_1s

こちらは少しだけ蕾のある鉢植えのボケ。栽培主が面倒をみないので・・。

Mekonopusisu_b1s

ヒマラヤの青いケシ「メコノプシス・ベトキニフォリア」もますます伸びて来ました。花が期待できるかも?

Kanzou_20100308_1s

カンゾウの葉も日々伸びています。

暖かい日が続いたと思ったら急に寒くなるので、体調を崩しやすい時期ですね。今日も外の仕事は寒かった・・。

生まれ変わったペンギン

ペンギン?私が初めて組み立てたパソコンのケースは、ペンギンをデザインしたものでした。ケースは、かなり昔に発売されたもので、今ではパソコンショップでもお目にかかる事はありません。なんでも鑑定団に出せば良い値がつくかも?

我が家では、このパソコンを「ペンギン」と呼んでいます。ペンギンは、マザーボードの調子がおかしく、時々インターネットに繋がらなかったり、画像が綺麗に出なかったりして、休止状態にありました。

Pengin_pc2_02s

思い入れのあるペンギンを、何とかしてやろうと思っていました。 我が家には、私よりも組み立てパソコンに詳しい家族がいます。今回は、出資だけして組み立てを任せる事にしました(老眼で細かいものを見ると目が疲れるので)。

Pengin_pc2s

組み立てるより「買った方が安い」時代ですが・・。選んだCPUは、intel core i7。Quad-CoreでHyper-Threading Technology搭載のため、OS上のカウントは8CPUになります。自分で組み立てた2号機、Xeon Dualパソコンを凌ぐ性能を有しています(価格もずっと安いです)。

Pengin_pc2s_4

Pengin_pc2s_1

内部の様子です。中央の丸い所がCPUとファンです。

Pengin_pc2s_2

ペンギンのお腹には、新しいマザーボード「ASUS」のシール、左側には最初のCPU intel pentiumu4 3.0GHzのシールが貼ってあります。そして右側には、新しい心臓部のinterl Core i7のシールを貼りました。

Pengin_pc2s_3

Pengin_pc2s_5

OSは、Windows 7 Proffessional 64bit・・もちろん安価なDSP(OEM)版です。ディスプレイは、頂き物を流用しました。

部品の進化が早い昨今ですが、このパソコンもXeon Dualと同じく、一般の市販品より長く頑張ってくれる事でしょう。ペンギンは、ハイエンドPCに生まれ変わりました。

散歩を待つ萌

雨が降っているので、お気に入りの穴掘りもせず、小屋の外で散歩を待っています。

Moe20100307_1s

Moe20100307_2s_2

「おっ、連れて行ってくれるかな?」

小屋の下の藁は、萌が小屋の中から座布団ように持ち出したものです。

Moe20100307_3s

待ち切れず傍に寄って来ました。朝晩、雨中の散歩でしたが、いつもと変わらず元気過ぎて手綱持ちは大変でした。

Otamajyakusi_0307_1s

ビオトープに産み付けられたカエルの卵が孵りました。こんなに沢山カエルになったら恐いですね。もう少ししたら、川に放流してこなくては・・。

中南米産春蘭

待ちに待った休みは雨・・weep。サンルームのワーディアンケースを覗くと、中南米産春蘭が咲いていました。正しい名前は分かりません。十年以上前の世界らん展で手に入れました。

Syunran_tn4s

日本の春蘭にも似ていますが、少し硬めな感じの花弁です。

Syunran_tn1s

Syunran_tn2s

Syunran_tn5s

部屋の中で撮ったので暗い写真ばかりで恐縮です。

Syunran_tn6_2s

別のカメラで・・。

Syunran_tn7s

これは2007年2月28日に「やまぶどうのお気に入り」にアップした写真です。

もう少しすると、日本春蘭の花も咲く事でしょう。楽しみな毎日です。

頼朝の井戸

昨日の「駒止め石」に引き続き、源頼朝の富士の巻狩りに因む史跡を探索してみました(仕事帰りの道沿いにあったので、ついでに寄ってみただけですが・・)。

Yoritomonoido_1s

国道469号線、十里木の集落に入るとこの看板が見えます。

Yoritomonoido_2s

富士ブナの林に向かいます。 上の看板から数歩歩いたところです。

Yoritomonoido_3s

こちらが頼朝の井戸です。

Yoritomonoido_4s

Yoritomonoido_9s

覗いてみると、水が見えます。現在では、溜まり水なのか湧水なのか分かりませんが・・。

Yoritomonoido_5s

井戸の傍の祠。

Yoritomonoido_8s

井戸の傍に、説明看板と「頼朝の井戸」と刻まれた石碑があります。説明看板の一部を転載します。

「往時は巨大な巌間から滾々たる湧水が小湖をなしていた。その清冽な湧水を汲んで蘇生の思いだった将軍は、手にした朱の椀を池中に沈めて水神に献じたという。以来、公が心をこめられた朱色の椀が池底に認められる折は天変地異の前兆だったと古老に伝えられた」

当時は、井戸というより水の湧き出る泉だったようですね。

Yoritomonoido_10s

このブナ林は、「頼朝の井戸の森」として、昭和42年12月14日裾野市の天然記念物に指定されています。のんびり探索するのに良い所だと思います。天気のいい日にまた訪ねてみよう!

寄生木

今日も雨の中、工事立ち合いでした。レインコートを着ていても、浸み込む雨で服が濡れ、寒い思いをしましたweep

御殿場市からの帰路、裾野市十里木の頼朝の井戸~ブナ林に寄ってみました。

Yadorigi_5s

天狗巣病のような塊は何だろう?

Yadorigi_3s

林下に枝が落ちていました。「あっ、寄生木だ!」。こうして寄生木を間近で見る機会はそうありません。

Yadorigi_1s

Yadorigi_8s

プロペラのような葉がついています。幹に寄生根を食い込ませて養分を吸い取るそうです。枝は柔らかく、見方によっては不気味な植物です。

Yadorigi_6s

Yadorigi_7s

接写して・・。

Yadorigi_2s

これは、寄生木の実です。熟すと赤くなるそうですが、まだ見た事はありません。

明日は休み・・とても嬉しい!でも、雨のようですweep

駒止め石(御殿場市駒門)

今日は、予報通り暖かな一日でした。でも、御殿場市では、朝方は霧が深く、霧雨も降っていました。

Komakado_1s

今日の工事立ち合いは、御殿場市駒門・・第二東名の橋脚が目につきます。

Komakado_s2s

昼休みに近くを探索すると、小さな祠がありました。

Komakado_s4s

特に由緒書もなく薄暗い場所でした。

Komakado_s1s

鳥居の横にあった大きな石・・前に回ってみると「駒止め石」と刻まれた説明書きがありました。

Komakado_s6ss

「建久四年(1193)富士の巻狩りの時、源頼朝が乗っていた馬を止めた石」だそうです。富士宮市~富士市~裾野市~御殿場市には、富士の巻狩りに因む地名や史跡が沢山あります。ここ駒門の地名もその一つです。

馬を止める・・繫いで置くなら、こんな縛りにくい石より木の方が良いように思うのですが・・それを言ったらおしまいですね。伝説のシンボルとなるものは必要ですから。

Komakado_s3s

石の下から椿が出ています。椿もこんな大きな石に乗られては、さぞや重たい事でしょう。

春野すみれ展(第20回)

新しいブログになって初めての「春野すみれ展」の案内状が届きました。縁あって、浜松市天竜区春野町(旧周智郡春野町)には、幾度か足を運びました。そして、毎年忘れずに届くこの案内状は、私に遠州の春を告げてくれます。

Haruno_sumireten_20

何回目から訪ねるようになったか忘れてしまいましたが、もう20回目になるそうです。この小さな展示会が、途絶えることなく続いているのはとても嬉しい事です。

皆さんも、遠州路の春を訪ねてみませんか?

御殿場桜公園

昨日から御殿場方面の工事立ち合いです。寒~い!

Oonohara_1s

富士市から裾野市を抜けて御殿場市へ向かいます。写真は、裾野市大野原演習場です。

Sakurakouen_0s

向かった先は、御殿場市の滝ヶ原演習場付近です。この近くには、写真の桜公園があります。「あの黄色い花は何だろう?」

Sakurakouen_1s

「背の低いミモザの花かな?」

Sakurakouen_2s

「うん、綺麗だ!」

Sakurakouen_3s

もっと近づいて見ると・・ヒノキ科の植物でした。

Sakurakouen_4s

これって、一年中黄色い花が咲いているように見えますね。良いアイデアだと思いました。「なんだ、公園に遊びに行ったのか?」・・違います。このすぐ隣で工事立ち合いでしたので・・coldsweats01

この桜公園は、管理棟もあり、とても感じのいいところです。桜の季節に訪れてみたいと思っています。

福寿草のその後

庭の福寿草も葉が伸びて、最初に花が咲いた頃とだいぶ違う姿になって来ました。

Fukujyusou_20100123_1s

まだ霜柱の出来るような頃、蕾が見えて来ました(1月23日)。

Fukujyusou_0130_1s

待ち遠しかった開花です(1月30日)。

Fukujyusou_20100220_1s

茎が伸び、葉が出て来ました。少し黒っぽい葉です(2月20日)。

Fukujyusou_0227_3s

茎はますます伸びて、葉も開き、次々と花が咲いて来ました(2月27日)。

Fukujyusou_0227_2s

拡大して・・。

Fukujyusou_0227_1s

花弁が散って、金平糖のような実の見えるものもあります。

最初の頃と別の植物みたいですね。

アオサギ君との遭遇

浮島ヶ原自然公園の植物観察を終えて、木道を北側道路に向かって歩いていると、こちらを向いている鳥が見えます。

Aosagi_2010_0228_1s

「アオサギ君だ!」「オスかよ?」「・・分かりませんcoldsweats01

Aosagi_2010_0228_2s

胸の短冊みたいな羽を揺らしながら歩いて来ました。優雅な感じでしたよ。

Aosagi_2010_0228_3s

自然公園の北を流れる小川を覗いています。

Aosagi_2010_0228_4s

小川に降りて行きました。頭の黒い毛が可愛い・・。

Aosagi_2010_0228_5s

車の音に飛び立ってしまいました。もう少し見ていたかったのにweep

Aosagi_2010_0228_6s

「おーい、待ってくれよ~」

寒いので、私も帰る事にしました。

果樹畑の萌

雨の合間を縫って、果樹畑に萌を連れて行きました。久々の別コースに、ハイテンションな萌でした。

Moe20100228_2s

薄暗いのにスポーツモードで、ピンボケ気味です(ストロボが発光しないので)。

Moe20100228_5s

早速、剪定した梅の枝を齧っています。

Moe20100228_6s

野生動物の臭いチェック。この季節は、主にキジの遊び場になっています。

Moe20100228_7s

穴掘りと臭いチェックで、野性の顔になっています。

↓こちらは小屋の前で・・。

Moe2010227_2s

「おやつくれるのかな?」

Moe2010227_1s

「おい萌、目を開けろよ!」

Moe2010227_3s

ストロボ発光で怖い顔。

ちょっと早めの夜散歩でした。長い距離の散歩は飼い主が大変ですcoldsweats01

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »