他のブログ・HP

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

ヒカリゴケ

私に名前の分かる苔は、数えるほどしかありません。でも、何時の日か、自らの探索で、出会いたいと願っている苔があります。その日のために、実物を見て来ました。

デジイチで・・。

C1 C2

保護柵の中にあるので、撮り難い・・。

Cimg_4405

デジイチ、18.8倍ズームで・・。

近くで見られない事を予想して、高倍率ズームのコンデジを持って行きました(以降、コンデジで撮影)。

1

洞窟の奥に生えていました。コンデジの方が、実際見た色(金緑色)に近いと思います。

3 4

綺麗ですね。ヒカリゴケは、洞窟や岩陰、倒木の陰などの暗く湿った環境を好むそうです。しかも、発見された自生地は、比較的冷涼な気候の場所のようです。

B1

洞窟の手前は乾燥気味で、苔は見当たらず、奥の方にだけ生えていました。僅かな環境変化にも弱い植物だそうです。

A2 A4

ピントが合っているのかも分からず、同じような写真を何枚も撮りました。

A3

Bp1050220

姿を知るために、接写でも撮りたかったのですが、保護柵が設置されているので仕方ありません。

Bp1050245

デジタルズーム併用。

比較のために・・。

D_2645k

以前、別の洞窟で見つけた蛍光色の物体・・こちらは、地衣類のようです。

ヒカリゴケは、「地面に伸びた糸状体を顕微鏡で見ると、達磨型の細胞(レンズ状細胞)が一列に繋がり、その細胞内に入った光が細胞の底で反射して葉緑体を照らすため、美しい黄金色に光って見える」とあります。

ヒカリゴケ科ヒカリゴケ属ヒカリゴケ(Schistostega pennata (Hedw.) F.Weber et D.Mohr)。環境省RDBで、準絶滅危惧(NT)に指定されています。

信州大学では、ヒカリゴケ細胞を実験室内の環境で大量増殖させる事に成功したそうです。この研究が進めば、失われた自生地を復活させ、多くの人にヒカリゴケを見てもらう事が出来ます。論文に書かれていた内容は、富士見町のカマナシホテイアツモリソウの保護活動と通ずるものがあります。頑張っていただきたいと願っています。

センボンヤリ

今日は、暑いくらいの一日でした。寒暖差が激しいと、年寄には辛い・・。

センボンヤリ・・富士市でも、何ヶ所かで自生の記録がありますが、私にとっては出会う事の少ない植物です。

Aimg_4481 Aimg_4485

県外某所・・足元に、白い小さな花が咲いていました。「あっ、センボンヤリだ!」

Aimg_4479

こちらは赤紫色系の花です。別名をムラサキタンポポというそうですが、どうしてだろうと思っていました。この花色から名付けられたようです。

Ap4200249 Ap4200255

コンデジマクロで・・。

Ap4200254

縁の舌状花(雌花)と中央の筒状花(両性花)からなります。

Ap4200256 Ap4200279

赤紫の花は花柄が太いですね。

Ap4200259 Ap4200258

背景を黒くして撮ってみました。

キク科センボンヤリ属センボンヤリ(Leibnitzia anandria (L.) Turcz.)。

この日は、珍しい苔と羊歯を見る事が出来ました。後日の記事で・・。

スルガテンナンショウ

萌の散歩道に生えているテンナンショウ属・・スルガテンナンショウを観察してみました。

Aimg_4356 Aimg_4368

斑入り葉のタイプとそうでないものが見受けられます。また、小葉の幅も個体毎に様々です。

Aimg_4351

斑入りは、実生で引き継がれるようで、付近には同じような株が幾つか生えていました。

Aimg_4374 Aimg_4372 Aimg_4338

立ち姿を撮ってみました。薄暗いところを好むため、撮り難い植物です。

写真を整理していて気付いたのですが、仏炎苞(苞葉)の合わせ目が、左右あります。右の写真と、最下段の写真を比べてみてください。

Ap4190149

「付属体の先端が鍵状にくびれる」事が同定のポイントとなります。

Ap4190207 Aap4190162

テンナンショウ属は、一部の種を除いて雌雄異株です。スルガテンナンショウも、普通は雌雄異株ですが、栄養状態で変化し、大きくなると雌株になり、小さいと雄株となるそうです。ただ、両性の個体もあると書かれていました。

また、雄花は仏炎苞の筒部の基部に隙間があり(上の写真参照)、花粉をつけた小昆虫はここから脱出します。雌花には、この穴がないため、閉じ込められた小昆虫は外に出られません。雄花で花粉をつけた小昆虫は、雌花の中に侵入し受粉したあと悲惨な最期を迎える事になります。テンナンショウ属の雌花はひどい奴ですね。

サトイモ科テンナンショウ属スルガテンナンショウ(Arisaema yamatense (Nakai) Nakai  subsp. sugimotoi (Nakai) H.Ohashi et J.Murata)。

裏庭植物園(4月半ば)

萌の夕方散歩の後、裏庭植物園の様子を撮ってみました。

Aimg_4207 Aimg_4171

我が家には、父親が植えたシャクナゲの仲間が4本あります。私には品種名は分かりませんが、1本は葉裏に毛が無い事(※)と開花時期などから西洋シャクナゲだと思います。他の3本は、葉裏に毛がありますので、日本産のシャクナゲあるいはその改良種ではないかと思います。ただ、葉裏の毛は、淡い褐色~暗褐色までいろいろです。※葉裏に毛のあるものもあるそうですが、園芸種として出回る事は稀なようです。

Aimg_4168

開花が進むにつれて、次第に淡いピンクになって行きます。春らしい花だと思います。

富士山には、高山型のハクサンシャクナゲが生えていますが、南面では、花を咲かせる株にはあまり出会えません。

Aimg_4268 Aimg_4257

カエデ属の花が咲いていました。こういう小さな花は、夕方撮るのは難しい・・。

下界ではとっくに咲いているフジの花も、やっと咲きそうです。でも、例年よりは早いように思います

Ap4100678 Ap4100677

さて、こちらは何でしょう?

左はジイソブ(ツルニンジン)で、右はバアソブ(ヒメツルニンジン)です。山野の株を採取して来たものではありません。どちらも、実生で育てたものです。

早いものは、一年で花を咲かせる事を知りました。また翌春の芽出しは、ジイソブの方が早く、少し遅れてバアソブが姿を現します。

Ap4100675 Ap4100679

左がジイソブ、右がバアソブです。成長してからの葉の形はどちらも良く似ていますが、この時期は、バアソブの毛が目立ちます。

Aimg_4275

夕方散歩が終わり、晩御飯を食べてリラックスしている萌です。天気に関係なく朝夕の散歩は欠かせません。サボろうとすると五月蠅くて・・。

ジロボウエンゴサクとヒトリシズカ

再生休耕畑に、シカの足跡がありました。でも、電気柵の中には進入されていませんでした。電気柵は万能ではありませんが、他の柵や網よりも効果はあります。

キュウリ、トマト、ナス、カボチャ、カラシ類の植え付けを行いました。素人栽培でも、植えて置けばそれなりに収穫出来るし、草取りする気にもなりますので・・。

少し前の写真になりますが、ジロボウエンゴサクの花を比較してみました。

【ジロボウエンゴサク】

(富士市)

Ap4100670

我が家の周りで見るジロボウエンゴサクは、このように距が白いものばかりです。

Ap4100673

これ、珍しいでしょ?実は、上の花の終盤を迎えた姿です。

(富士宮市芝川町)

Ap4010091 Ap4010092

こちらの花は、距も紅紫色です。この辺りでは、どれもこのような花でした。

(浜松市天竜区春野町)

Ap4080524 Ap4080517

こちらも距が紅紫色です。しかも芝川のものより濃いですね。

私は、以前の記事にジロボウエンゴサクの距は白いと書きましたが、ここに訂正させていただきます。こうして違いを比較してみるのも楽しいものです。

ケシ科キケマン属ジロボウエンゴサク(Corydalis decumbens (Thunb.) Pers.)。

ついでに・・。

Ap4100725 Ap4100726

再生休耕畑や家の周りで、ムラサキケマンの花が盛りを迎えています。彼方此方増えて困ります。

ケシ科キケマン属ムラサキケマン(Corydalis incisa (Thunb.) Pers.)。

【ヒトリシズカ】

Ap4100661 Ap4100659

家の周りでは、もう果実になっていましたが、こちらはまだブラシのような花が咲いていました。

Ap4100665 Ap4100668

この花には花弁が無く、白い糸状のものが雄蕊で、その基部にある黄色いのが葯です。葯の近くに半透明の雌蕊(柱頭)が見えています。

センリョウ科チャラン属ヒトリシズカ(Chloranthus quadrifolius (A.Gray) H.Ohba et S.Akiyama)。

ヒトリシズカの花が終わる頃、フタリシズカの花が咲き始めます。フタリシズカは、富士市では広範囲に見る事が出来ます。

さて、明日は不法投棄監視パトロール隊員の委嘱式です。その次の晩は、別の役員会議があります。どれも苦手ですsad

◇以前から気になっていたのですが、ココログのアクセス地域ランキングで、山梨県が何時も1位になっています。友人や知人は少ないのに、静岡県よりアクセス数が多いなんて、間違いではないだろうか?

カラスノエンドウとエンドウ

今日は、畑の除去対象植物(雑草)カラスノエンドウと再生休耕畑①に植えたエンドウ(エンドウマメ)を、観察してみました。

【カラスノエンドウ/ヤハズエンドウ】

Ap4160044 Ap4160050

とっても小さな花です。植物学の世界では、ヤハズエンドウが標準和名として使われていますが、私は馴染みの深いカラスノエンドウで呼んでいます。

Ap4141083 Ap4160053

花柄はとても短い。花も果実もエンドウに似ていますが・・。

Ap4160067 Ap4160069

葉の付け根の付属体・・托葉です。托葉は、何のためにあるのでしょう?調べてみると「芽生えの時の葉身を保護する役割」があるそうです。それと、カラスノエンドウは、托葉の部分に暗紅色の花外蜜腺があると書かれていました。

マメ科ソラマメ属ヤハズエンドウ(Vicia sativa L.  subsp. nigra (L.) Ehrh.)。

Ap4160045

上右の写真に写っている虫をズームしてみました。目が赤い・・。これってアブラムシだと思うけど、羽の無いものと羽をつけたものを見かけます。調べてみると、面白い事が分かりました。

◇少し勉強

アブラムシは、メスだけで大きなコロニーを作って増え、餌を食べ尽くすと羽のある種類を産んで他の場所へ移動していくそうです。また、アブラムシの好む色は、鮮黄色、次に黄緑色やオレンジ色で、苦手な色は白色や銀色と書かれていました。銀色のテープを張ると、羽のあるアブラムシ避けに効果があるそうです。

【エンドウ/エンドウマメ】

Ap4141098 Ap3191277

昨年秋、ソラマメと一緒にエンドウの種をポットに蒔きました。蒔く時期が早かったのか、成長し過ぎて寒さで傷んだ株もありましたが、何とか冬を乗り越え沢山の花を咲かせています。近隣の畑のエンドウに比べて、倍以上の丈(1,5mくらい)に成長しています。

Ap4150014 Ap4141104

少し下向きに咲くので、正面顔が撮り難い・・。

Ap4160082 Ap4160059

左の写真を見てください。こちらの托葉はずっと大きいですね。そして、カラスノエンドウに比べて花柄も長いのが分かります。

右の写真は、エンドウとカラスノエンドウの花を並べてみました。

Ap4160055

エンドウの鞘(果実)が大きくなり始めました。収穫も間近で楽しみです。

マメ科エンドウ属エンドウ(Pisum sativum L.)。

双方エンドウの名が付きますが、カラスノエンドウはソラマメの仲間なんですね。一見すると似ているようですが、比較してみると大きさ以外にもいろいろな違いがあります。最近は、普通に見られる身近な植物の観察にも、興味を持つようになって来ました。植物の不思議は、希少種だけでなく、身近な植物にもいろいろある事を知ったからです。

ヤナギの花

4月14日は、浮島ヶ原自然公園で「富士自然観察の会」の総会と、観察会が行われました。

Ap4141046 Ap4141089

観察会は、いつも通り熱心な方たちばかりでした。私も見習わなくては・・coldsweats01

Aimg_3940

園内は、ノウルシの総苞葉が黄色く染まり、ヤナギの葉も展開して春真っ盛りでした。ここには、何種類かのヤナギが生えています。ヤナギは雌雄異株だそうですので、花を観察してみました。不勉強で、種名は良く分かりませんが・・。

Zimg_3268 Zimg_3361

これは株立ちしている事、葉幅や先端が長く伸びて鋭く尖る事などから、タチヤナギでしょうか?

Zp3292039 Zp3292043

左が雄花、右が雌花。

Zp3292040 Zp3292048

雄花には黄色い葯が見え、雌花には柱頭が見えます。遠目に見て黄色いのが雄花ですね。

Ap4141058

こちらは、ジャヤナギと教えて頂きました。

Ap4141065 Ap4141067

左は雌花。日本では、雄花は知られていない(確認されていない)そうです。どうやって増えるのだろう?

ジャヤナギは、右のように「小枝の分岐点から折れやすい」ので、強風で折れた小枝が飛ばされ、落下した場所で発根して成長するそうです。そのため湿地に生えるのかな?

Azimg_9503k Azp3171224

こちらは、横向きにしてしまいましたが、シダレヤナギです。黄色い葯が見えていますので、雄花のようです。

Ap2210202

これは、イヌコリヤナギの雄花です。接写してみると綺麗ですね。

ヤナギの見分け方で、とても参考になるWebページを見付けました。Link-Freeとの事ですので、右に掲載させていただきます。〈ヤナギ属の検索表〉:葉と枝による樹木検索図鑑のサブページです。

※種名が間違っていたら教えてください。写真の撮影時期は、各々異なります。

«スギとヒノキ林の野生ラン②