2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

2020年7月 8日 (水)

カゲロウランの変化

昨年、地主を知っている地域の山林で、果実期のカゲロウランを3個体見付けました。

【発見場所にて】

zpa260787_20200708162001 zpa260801_20200708162001

果実の付いていない(未開花の)個体が無いか探しましたが、見つける事は出来ませんでした。

その後、時々様子見に行ってみると、この場所がシカのたまり場になる事が多いようで、倒れたり落ち葉に覆われたりしていました。他の植物の事も含めて、地主さんには承諾を得てありますので、種子が飛散した後に安全と思われる場所へ移植しました。

【移植場所にて】

ap6230044n ap6230048

移植先は、県中部で見たのと同じスギ林としました。3個体とも、昨年花茎の伸びた茎から新芽が伸びて来ました。この変化は、予想外のものでした。

「茎は匍匐して先は立ち上がり・・」とあります。匍匐して立ち上がるべき茎が、途中から伸びてしまったのでしょうか?Web写真にも、このような個体は殆ど見られません。原因が、地中の共生菌不足によるものなのか不安があります。

ラン科キヌラン属カゲロウラン(Zeuxine agyokuana Fukuy.)。

2020年7月 7日 (火)

サワトラノオの果実

今日も雨。合間に散歩道の草刈りをしました。万が一に備えてレインコートを着用した事もあり、汗で濡れたTシャツは800gにもなっていました。また、洗濯係に文句を言われそうです。

先日、実験場のサワトラノオの果実を採取しました。

沢山採れたので、庫内に取り込んで自然乾燥させています。でも、雨続きでなかなか乾燥してくれません。

主たる花穂とその下の葉腋から伸びて来た花穂です。

一つの果実と中の種子です。果実はとても小さく、1mm目盛りのスケールで測って、直径2mmくらいです。公園から採取した時に数えたら、その中に30~40個くらいの種子が入っていました。いかに小さな種子か想像できると思います。

写真を撮っていて、このような果実が数個見つかりました。通常は、1つの花柄に1個の果実がつきますが、二つの果実がついています。花柄の太さは、一つのものより太くなっています。維管束も二つ分の太さが必要なようです。花期に見たかった・・。

果実の生った穂を標本にする前に、果実を数えてみました。老眼には辛いので、2本の花穂についてだけですが・・。主たる花茎には、104と111個、葉腋から出た花茎には、15~30個の果実がついていました。多いものでは、葉腋から9本くらいのミニ花穂が伸びていました。1個の果実辺り30個として、主たる花茎だけで3,000個以上もの種子が入っている事になります。

結実率はとても高く、未結実のものは数えるほどしかありません。沢山の種子を見て、ラン科植物を思い浮かべました。共生菌の力を借りて発芽するラン科植物ほどではありませんが、この植物も自生地での発芽条件が厳しいため(発芽率が悪いため)多くの種子をつけるのではないかと思いました。

2020年7月 6日 (月)

散歩道などで見たキノコ

本当に良く降りますね。少し止んだら、畑の様子を見に行こうと思っていたのですが、支度をしている内にまた降り出しました。

昨日に引き続き、パソコンとお友達になっています。会社勤務の時は、Word、Excel、蔵衛門などを使う機会が多かったのですが、最近は殆どなくなりました。一番頻繁に使っていたCAD(作図ソフト)も、たまに使うとコマンドを忘れている始末です。趣味や植物観察の整理など、機会を見付けて出来るだけ使うように心がけています。

萌の散歩道などで見たキノコを、少し集めてみました。

鎮守の森で伐採したタブノキに、イヌセンボンタケが生えていました。白い傘のものは若い子実体で、灰色がかったものは時間の経過した子実体です。

これは、キノコの師匠から記事へのコメントで教わった、ダイダイガサです。金平糖のような幼菌の姿は、時々見かけました。でも、柄が伸び傘の開いた子実体を見る機会はありませんでした。他で見たら、別種と思った事でしょう。

これから下は、名前が分かりません。

萌のお気に入りの場所に生えてきたキノコを、朝撮りました。大きな方の傘は、直径200mmくらいありました。これも若い子実体と時間の経った子実体が、かなり違って見えます。こういうところも、キノコの難しい部分です。

小さい方は、夕散歩の時に傘径が150mmくらいになっていました。

こちらも同じ場所に生えていました。ササが傘を貫通しています。どんな経緯でこうなったのか知りたいものです。

先日、遠方に住む長男から「森のきのこ、きのこの森」という本が、送られて来ました。普通の図鑑とは違った視点で捉えられていて、夢の見られる本だと思います。感謝です。

2020年7月 5日 (日)

サワトラノオ栄養繁殖

少し前に、実生栽培で得たサワトラノオの果実を採取して、乾燥させています。

「サクラソウ科の植物は、挿木で発根する」と書かれた、Webページがずっと気になっていました。それを裏付けるように、睡蓮鉢やプラ池に沈めたサワトラノオが葉腋などから発根して来ました。

【腰水栽培】

大雨により茎の曲がってしまった株を素焼き鉢に植えて、睡蓮鉢などに沈めました。5月下旬、ヒツジグサの葉に隠れたサワトラノオを見ると、茎から発根していました。

そして、7月上旬に見ると葉腋から伸びた多くの芽からも発根していました。発根を確認した時から、この状態を期待していました。やがて、当年茎は枯れ、葉腋から伸びた芽が新株として成長していくと思います。

以前の記事でも書きましたが、発根はヒツジグサの葉や他の植物体で覆われ、照度の低い部分で確認されました。低照度が発根の条件、または発根しやすいものと思われます。その事を踏まえて、新たな実験を開始しています。

【土壌栽培】 

茎の基部や少し離れたところに芽が出ています。これらと、当年株との繋がりは、後日プランターから取り出して確認しますが、新株として冬を越し成長していくと思います。

私は、太い根と細い根という表現をして来ました。杉野孝雄先生の「静岡県産希少植物」には、横に這う地下茎があると書かれています。この太い方の根を地下茎と捉えているようです。同様に、実生栽培の先輩である埼玉市の川小学校でも、地下茎との表現がされています。

更に、レッドデータープランツ増補改訂版では、トウサワトラノオの解説として「秋には赤く紅葉し、晩秋に茎が倒れると、先端の葉の付け根から発根し、新株が育つ。茎の下部でも栄養繁殖し、ロゼットで冬を越す。」とあります。この事から、サワトラノオとトウサワトラノオは似た生態の植物であると思われます。

2020年7月 4日 (土)

雨に濡れるクモラン

雨が止んだと思って外に出ると、また降って来ました。本当に良く降ります。

クモランに、蕾が上がって来たので撮ってみました。

昨年は少なかったのですが、今年は沢山の蕾が見えます。花の寿命は短く、まだ訪花昆虫を見た事がありません。結実率は高いので、自動自家受粉するのではないかと思っています。

葉状体から、新たな根が伸びていました。

方向は違いますが、こちらは以前撮った写真です。開花に至ったクモランには、葉状体が見られません。どのくらいの時期に消失するのか、知りたいと思っています。

ついでに・・。

ボウランの茎に、蕾らしきものが姿を現していました。葉腋に咲くのかと思っていたのですが・・。

こちらも、ついでに・・。

萌は、朝散歩が終ると、夕散歩に向けて昼寝をします。12歳の誕生日が過ぎた頃から、睡眠時間が多くなりました。今年の5月末で13歳・・お歳なので仕方ありません。

今日は、シキミ屋が農薬散布にやって来ました。しかも、16時過ぎから・・。散布は頻繁で、一年中臭気の絶える事がありません。民家の近くでの栽培を、法規制する事が出来ないものでしょうか?噴霧した霧は、風向きによれば数百メートル飛散します。

2020年7月 3日 (金)

義母の家の花

今日は、義母の家に様子見に行って来ました。

庭の花は手入れされていて、いろいろ咲いていました。こういうものに、興味を持っている事も安心材料になります。

この植物は、初めて見ます。

この角のようなものは、子房なのだろうか?これがついている所に花が咲きます。

調べてみると、ハマミズナ科アプテニア属ベビーサンローズという商品名で、和名はハナツルソウとなっており、南アフリカ原産だそうです。多肉植物の仲間で、マツバギクも同科です。

ペチュニアも、いろいろ咲いていました。義母の花壇には、欠かせない存在のようです。

クリサンセマム・ムルチコール(キク科コリオステフス属)、アルジェリア産の銘板がついていました。マウスを乗せて見るマリーゴールドは、野菜のコンパニオンプランツとして植える事もあります。根の分泌液がセンチュウに効果があり、葉の臭いに防虫効果があるそうです。

他にもいろいろ咲いていましたが、これくらいで・・。

明日はまた天気が悪いようです。野菜のためにずっと雨を待っていたら、今度は雨降りばかり続きます。何事も、思ったようにはいかないものですね。

2020年7月 2日 (木)

不法投棄監視パトロールで出会った植物(6月-②)

4日ぶりに行った再生畑②は、先日取ったばかりの所に、新たな雑草が伸びていました。毎日笹刈をしていた時も辛かったけど、終わりのない草取りも辛いものがあります。草取りと草刈りの後は、伊豆の先輩から貰ったシカ用の網を電気柵の横に仮敷設して来ました。思っていたより長く、数個ありますので広範囲をカバー出来ます。でも、これからポールと付属品を揃えなくてはなりません。

ブログ記事は、昨日の続きです。

素人図鑑を作成している事もあって、最近カンアオイ属に目が向きます。これはカントウカンアオイだと思いますが、同じ場所でも葉表の模様に変異があって面白いです。

大株の所も花が見られませんでしたから、こちらもカントウカンアオイだと思います。良く似たオトメアオイは、今頃花をつけているはずです。

マウスを乗せると、クモキリソウに変わります。

bp6290283 bp6290284

花は終盤を迎え、果実期になっているものもありました。クモキリソウは、自動自家受粉するそうです。訪花昆虫などの刺激だけでなく、雨の刺激によっても受粉機構が働くそうです。背萼片が、雨覆いになっていないからかな?

トチバニンジンの花が咲いていました。果実期は目立ちますが、花期は地味な植物です。薬効があるそうなので、再生畑で栽培しようと思い、昨年果実を蒔きましたが発芽して来ません。もしかしたら、ヤマシャクヤクのように翌々年の春に発芽するのかも?

シロバナイナモリソウとイチヤクソウの花です。富士市では、シロバナイナモリソウしか見る事が出来ません。

数歩離れたところに生育する、イチヨウランとアオフタバランです。イチヨウランは、枯れた花茎が二つ見えています。花期に見たかったのですが、畑以外の外出自粛を心がけていたので、行く事が出来ませんでした。

最後に、別の林道でオオハンゲの様子を見て来ました。この場所では、かなりな個体数を確認出来ますが、地域では他で見た事がありません。どこからやって来たのだろう?

«不法投棄監視パトロールで出会った植物(6月-①)