他のブログ・HP

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

スギとヒノキ林に生える野生ラン(富士市)

今日は雨・・冷たい雨です。レインコートを着た萌は、野生動物の気配を感じ朝からハイテンションでした。

また女子受けのしない記事ですが、スギやヒノキの林に生える野生ランの観察です。

Bimg_9509 Bimg_9510

ヒノキのエリアには、ヒノキゴケの集団が生えていました。

Bimg_9512 Bimg_9514

こちらは、スギゴケの仲間と切り株に生えた〇〇ゴケです。

コケではなく野生ランは?ここからですcoldsweats01

【ヤクシマヒメアリドオシラン・ハクウンラン】

掲載した写真の中に、ハクウンランが含まれているか分かりませんが・・。

Bimg_9523

この場所には、ヤクシマヒメアリドオシランとハクウンランが生えています(花の時期に確認しました)。

幾度かの観察を通して、上の写真はヤクシマヒメアリドオシランだと思います。

Bp3240057 Bp3240048

こちらも、ヤクシマヒメアリドオシランだと思います。

この場所で見るヤクシマヒメアリドオシランは、上のように固まって生えており、ハクウンランは単独で生えている感じです。したがって、ヤクシマヒメアリドオシランの方が圧倒的に多く見られます。

また、Webページには、萼片や花茎・花柄の色が緑色と褐色のものが掲載されていますが、ヤクシマヒメアリドオシランは褐色、ハクウンランは緑色のものが殆どです。殆どと書いたのは、両者の交雑種らしき個体も見受けられるからです。

ハクウンランだけが自生している別の場所では、緑色の個体ばかりでした。

Bp3240052 Bp3240056 Cp3240043

葉の形もいろいろ・・。でも、葉での区別は私には出来ません。

F0

ヤクシマヒメアリドオシランには、このような斑入り葉が現れます。でも、ハクウンランの斑入り葉は、まだ見た事がありません(株数が少ないから、出会えないのかも?)。

【ベニシュスラン】

Bimg_9558

ヒノキのエリアでも見かけますが、スギの葉の堆積したエリアには、沢山のベニシュスランが生えています。

Bimg_9540 Bimg_9555

葉の斑もいろいろ・・。

Bp3240158

こちらは同属(ベニシュスラン属)のミヤマウズラです。並べてみるとかなり違いますね。

【エビネ】

Bimg_9592

日照の少ないこの林では、あまり見かける事はありませんが、エビネも数株生えていました。葉の少ない株ですが、昨年は花を咲かせました。中央に枯れた花茎が残っています。

ところで、このエビネの葉は細長いと思いませんか?初めて見つけた時、見慣れない花が咲くかと思い、幾度か通いました。でも、咲いたのは普通に見かけるジエビネでした。

同じような花の咲くジエビネでも、芳香のするものと殆どしないものがあります。これはウチョウランにも言える事ですが、その違いはどうしてでしょう?

ショウジョウバカマ(藤枝市)

諸先輩のブログに、ショウジョウバカマ(猩々袴)の花が登場し始めてから暫く経ちました。もう遅いかと思いながら、見に行って来ました。この花も、例年よりは遅れているようで、ちょうど見頃でした。

高い所の花を、望遠マクロで・・。上向きの手持ちでは、ピンボケcoldsweats01

Aimg_9691 Aimg_9682

ピンク系の花です。図鑑の表現と違いますが・・。

Aimg_9672 Aimg_9689

こちらは、少し橙色がかっています。

近場の花を、コンデジで・・。

Ap3250224 Ap3250217 Ap3250225

赤い花を中国の伝説上の動物→猩々、重なる根生葉→袴・・猩々袴の名が付けられたそうです。

Ap3250211 Ap3250196

花を接写してみました。左は開花が進み、葯(袋)が破れて灰色の花粉が見えています。右は開花して間もない花のようです。

Ap3250179 Ap3250180

こちらは開花し始めの花です。この状態の方が綺麗かな?

Ap3250186 Ap3250188

上より更に開花が進んだ花です。

Ap3250189 Ap3250194

オシベの葯とメシベの柱頭を、デジタルズーム併用で撮ってみました。

今年も、無事花を見る事が出来て良かった・・。

ヒメフタバラン(富士市)

昨年の記事を見て、そろそろヒメフタバランが姿を現す頃だろうと思い、様子見に行って来ました。

Ap3240155 Ap3240117

その場所は、ヒノキ林の一角にあります。もう、かなり伸びていると思ったら、まだとても小さくて地面に顔を近づけてやっと気づきました。右の写真で、スギやヒノキの葉と見比べてください。クリックしても見えない人は、恐縮ですが虫眼鏡を使用してください。

昨年の3月下旬には、もっと成長していました。今年はかなり遅れているようです。

Aimg_9572 Aimg_9574

1:1のデジイチマクロレンズでもこの程度です。

コンデジの顕微鏡モードで撮ってみました。

Ap3240069 Ap3240078

筒状に丸まり、重なっていた双葉が、開き始めた状態です。

Ap3240142 Ap3240138

蕾を持った株を発見!丈のわりに蕾が大きい・・。

Ap3240133 Ap3240140

顕微鏡モードにデジタルズーム併用で撮ってみました。

付近の枯落葉を捲ると・・。

Ap3240088

こんな菌糸体が出て来ました。

フタバランは葉緑素を持ちますが、DNA解析によりサカネラン属として扱われるようになったそうです。菌根菌は、主にロウタケ科と書かれていました。菌への依存度が高い植物なのかも?

フタバランの仲間は群生する事が多いようですが、ヒメフタバランにはこの畳一畳にも満たないエリアでしか出会っておりません。探索範囲の狭い私にとっては、ある意味深山に生える野生蘭よりも希少種です。ここに種を運んで来た風の道の元は、何処にあるのだろうか?

アーモンドの花

趣味の果樹畑に、アーモンドを1本植えてあります。数年前、台風の被害で枯れそうになりましたが、何とか持ち直して花を咲かせてくれました。

Cp3050241 Cp3050243

3月5日の様子です。我が家では、桃よりも早く開花します。

Cp3181272 Cp3181271

3月18日・・咲いていました。

Cp3181252 Cp3181258

コンデジで撮るとイマイチですが、滲んだようなピンクがとても綺麗です。

アーモンドは、果肉の無い桃のような感じです。種の殻を取り除いた中身(仁と呼ぶそうです)を食べます。梅干しの種を割ってその中身を食べた事がありませんか?あれと同じです。

でも、取り出すのに手間がかかるので、ビールのつまみには買って来た方が良いと思います。

ゴヨウアケビの花(趣味の果樹畑)

趣味の果樹畑には、3本のアケビ属を植えてあります。当初は1本だったのですが、アケビは自家受粉を嫌うと聞いて、父親が行燈仕立ての鉢植えにしてあったのを、持って行って植えました。すると、実が沢山生り始めました。

まだ少し早めですが、蕾が大きくなってきたので撮ってみました。

Zp3181231 Zp3181232

ブドウみたいですね。これは雄花だけ・・?基部に、ハナアブのような虫がいます。花が咲くのを待っているのでしょうか?

Zp3181245 Zp3181225

こちらは、基部に雌花が付いていました。

Zp3181229 Zp3181228

雄花と雌花をズームしてみました。先端に付くのが雄花、基部に付くのが雌花です。雌花の方が数が少なく、大きい・・。

Zp3181240 Zp3181239

葉が伸び始めていました。こちらにも、ハナアブのような虫がいます。

Zp3181236 Zp3181267

少し開き始めた雌花がありました。内部に円柱形の雌蕊が見えています。絡み合う蔓の中に、オオカマキリの卵がありました。

最近指を酷使しているので、拳を握ると指の関節が痛い!粗食に耐えているので、痛風ではないと思うけど・・。

浮島ヶ原自然公園(3月中旬)

昨晩から雨が降り始め、まだ降っています。植物達には恵みの雨ですが、畑の雑草も急激に成長するので頭が痛い・・。

先週、下界に降りたついでに、浮島ヶ原自然公園の様子を見て来ました。

Zimg_9476a Zimg_9484

この時期の主役、ノウルシが黄色く変身して、遠くからでも目に付くようになっていました。

Zimg_9482k Zimg_9480

こちらは、ヒキノカサにサワトラノオです。サワトラノオの実生実験も、興味あります。実生床の条件が合えば、発芽率の高い植物ではないかと思っています。

Zimg_9488 Zp3171186

タコノアシのドライフラワーは、葦と共に刈り取らていました。粉のような種は飛散して、果実殻だけ残っていました。数年前、湿らせた実生床に種を蒔いてみたところ、上手く発芽してくれました。また挑戦してみたいと思っています。

Zp3171200 Zp3171206

こちらは、オニナルコスゲです。左の写真の後ろが雄花、手前が雌花です。

Zimg_9500 Zp3171213

オドリコソウも姿を現していましたが、開花はもう少し先のようです。右は、ムラサキサギゴケです。

Zimg_9503k Zp3171224 Zp3171222

駐車場脇に植えられた枝垂れ柳も、開花間近でした。黄色い葯が見えるから雄花のようです。

Zimg_9498 Zp3171173

こちらはイヌコリヤナギと教えて頂きました。葉は対生・・。右の花は、まだこの状態でした。原因は、枝が折れたため成長が止まってしまったようです。もう一本折れた枝がありました。誰かが悪戯したのだろうか?

Zp3171160 Zp3171164

花は殆ど終盤を迎えていましたが、まだ葯袋の破れていないものもありました。この時期が、一番綺麗だと思います。

第27回春野すみれ展(浜松市天竜区春野町)

縁あって、北遠の地・・春野を訪れるようになってから、もう30年以上になります。今年も「すみれ展」の案内状が届きました。

Haruno2017私は、このすみれ展の開催される数年前から春野を訪れていました。歳月の経つのは、本当に早いものです。

当初に比べて、展示品数も減少していて、物足りなさを感じる事があるかもしれませんが、過疎の町の地域振興のエネルギーが感じられる大切なイベントだと思います。いつまでも続けてほしいと願っています。

ストーンペインティングは、メディアでも取り上げられる事があり、ご存知の方も多いかと思います。製作者のご一家と、このすみれ展で知り合いました。作品は、石猫、山野草、フクロウなどがあります。

昨今は猫ブームのようで、石猫のファンが増加しているようです。春野の石猫は、アニメのキャラタイプとリアルなタイプがあります。

Isineko

リアルなタイプの石猫を掲載します。特に目がリアルでしょ?

新東名が出来てから、春野もずいぶん近くなりました。皆さんも北遠の春を訪ねてみませんか?

※この記事は、時間指定でアップします。

«散歩道で出会った花