他のブログ・HP

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

仲良しの野生ラン(富士山)

8月・・お盆休みに撮った写真です。私が知る自生地で、一番標高の高い所に生えているハクウンランです。

下界の花は、もう散っていましたが・・。

Ssp8161498 Ssp8161500 Ssp8161502

この場所では、まだ咲いていました。・・というより、咲き始めたところのようです。

Ssp8161480 Ssp8161490 Ssp8161491

蕾だけの株もありました。異標高で見つけると、長期間観察出来て嬉しいです。

Ssp8161475a Ssp8161482a

唇弁の形もいろいろ・・。右の唇弁は、なで肩で裾に丸みがあります。この場所では異端児のような花です。

そして、意外な花が目に入りました。

Ssp8161504

この場所では初確認のベニシュスランです。今迄幾度か訪れましたがベニシュスランは初めて見ました。周辺を捜して見ても、この一株しか見つかりませんでした。

Ssp8161507 Ssp8161505

良く見ると、隣に小さな葉が見えます。これはミヤマウズラではないでしょうか?それともベニシュスランの明るい斑入り葉?

Ssp8161464 Ssp8161466

別の自生地では、ベニシュスランとハクウンラン、そしてヤクシマヒメアリドオシランが混生しています。みんな、同じ菌糸から養分をもらっているのでしょうか?

それにしても、この場所を見付けた時から思っていたのですが、どうやってこの場所にやって来たのでしょうか?ハクウンランだけならまだしも、ベニシュスランまで生えているとなると、ますます不思議です。私が移植したわけではありませんよ。念のため・・。

最後に、仲良しの野生ランの友情出演です。

Oyp8161673

ヤクシマヒメアリドオシランの斑入り葉です。綺麗でしょ?

趣味の野菜畑の花

先日、草ぼうぼうの野菜畑を覗いて来ました。行く度、途方に暮れてしまいます。雑草から目を逸らし、野菜の花を観察してみました。

Bjp8211833 Bjp8211831

他の家より、二月近く遅れて植えた落花生です。何とか育って、花を咲かせています。

Bjp8211830

綺麗でしょ?

Bjp8211862 Bjp8211861

こちらもマメ科・・シカクマメの花だと思います。

Bjp8211859 Bjp8211837

そして、二度目のキュウリです。相変わらず、ウリハムシに狙われています。

右は何の花でしょう?

Bjp8211827

正解はトマトです。美味しそうでしょ?

Bjp8211865 Bjp8211869

そしてこちらの花は?

Bjp8211870

辛さマイスター「レベルファイブ」の唐辛子の花です。「プサジュエラ」という名前がついていました。生で齧ってもそれほど辛くありませんでしたが、乾燥させたものは、半端な辛さではありませんwobbly

Bjp8211844 Bjp8211853

こちらは、オクラ。3本の苗を植えました。すぐに硬くなるので、収穫しそびれてばかりです。

Bjp8211847

花芯を撮ってみました。変わっているでしょ?

そして、初めて見る花です。

Bjp8211826

苗の頃は、茶色い葉の野菜です。こちらも収穫しそびれて、花が咲いています。思ったより花期が長く、綺麗な花なので、そのままにしています。

調べてみると、キク科 キコリウム属 多年草「チコリ」という植物のようです。以前葉を茹でて食べましたが、少し苦みがありました。ハーブの仲間だそうです。何でもかんでも植えておけば面白い!趣味の野菜畑ですから・・。

コンニャクの果実

台風は、無事通り過ぎました。こんな日の朝も、萌の散歩はサボれません。朝晩の食事とともに、萌の生きがいなので・・。

家の周りには、祖父が植えたコンニャクが生えています。たまに臭気を放つ花が咲きます。途中で枯れてしまうものもあれば、沢山の果実をつけるものもあります。

Zp7280075 Zp7280076 Zp7280077

これがコンニャクの果実です。7月28日に撮りました。先端部以外はまだ緑色です。

Zp8221911 Zp8221880 Zp8221883

そして、今夜また撮ってみました。左と中は「AUTOモード」と「顕微鏡モード」です。通常のストロボと、LEDリングの違いを比べて見ました。

25日ほど経って、果実は殆どがオレンジ色になっています。

Zp8221891 Zp8221893

一粒採ってみました。右の写真が採った痕です。

コンニャクは、地下茎が伸び秋に木子というコンニャク芋の赤ちゃんが出来るそうです。要するに、果実が生らなくてもどんどん増えていきます。でも、この種を蒔いても沢山の苗を得る事が出来ます。隣の家の茶畑に、我が家のコンニャクの子が沢山生えていました。

友情出演で、似た果実を・・。

Zp8201817

富士山麓では、テンナンショウ属の果実も色づき始めました。

Zp8201818 Zp8201819

綺麗でしょ?寂しくなった秋の林内で、目を惹く植物の一つです。

最近出会ったキノコ③

最近出会ったキノコ・・写真は他にも沢山撮りましたが、記事はこれでお終いです。

Kp8161462 Kp8161553

黄色系のキノコ。素人の先入観で、毒キノコ?

Kp8161536

このキノコ、可愛いでしょ?赤ちゃんキノコも顔を出しています。

Kp8201797 Kp8201798

傘にハッチがあるようなキノコです。

Kimg_0366

標高2,000mを超すカラマツ林で見付けました。この辺りには、ハナイグチも出ますが、もう少し先のようです。

Kimg_0441

こちらは、スッポンタケがレースのスカートをはいた様なキヌガサタケです。無事な姿で出会いたかった・・。

そして、私の探索範囲では、出会う事の少なかったキノコの登場です。

Kp8201795 Kp8201793

ミミブサタケ(だと思います)。手を触れると、臭気のある煙(胞子)が出て来ます。うっかり吸ってしまいましたwobbly

Kp8201805 Kp8201813

色も少しずつ違っています。この場所には、結構(10株以上)生えていました。こんなにまとまって生えている場所は、初めてです。

Kp8201801

こちらの黒っぽいのは、盛りの過ぎた株でしょうか?

Kp8201803 Kp8201804

耳たぶをズームしてみました。

最近出会ったキノコ②

窓を開けていたら、またシキミの農薬散布に来ました。毎週のようにやって来ます。ちょっと異常なのでは?展着剤を使っているとはいえ、大雨が降ってもずっと臭っています。濃度の高い証拠です。お茶と違い、規制する機関が無いのでしょうか?

Kp8161508

ヒノキの林に生えていた真っ赤なキノコです。

Kp8161511 Kp8161509

柄も赤い。アカタケと言うキノコに似ていますが・・。

Kp8161451 Kp8161457

こちらは、ウラジロモミの人工林で見付けました。左のキノコはかなり大きくなり、傘の裏は網目状になっています。

Kp8161525 Kp8161524

こちらもウラジロモミの人工林で見つけたキノコです。ホウキタケの仲間。

Kp8161523 Kp8161527

ミズナラかブナの倒木だと思います。左のキノコは、傘を丸めたようになっていて、ハエが沢山集っていました。右は固い珊瑚のようなキノコ?です。

Kp8161512

このキノコも良く見かけます。傘の裾がお洒落な感じでしょ?黄色だけでなく、オレンジ色のものもありました。

Kp8201784 Kp8201783

これは、裏側が放射状のヒダになっていたと思ったので、カワラタケではなくカイガラタケの仲間でしょうか?

最近出会ったキノコ①

今日は、天気が悪いはずだったのにどうした事でしょう?午前中、畑に行ったのですが、暑くてすぐに挫折しました。

最近、富士山麓などで出会ったキノコを集めてみました。例によって、名前が分かりませんので、写真を載せるだけ・・。

Kp8161452 Kp8161453

針葉樹の倒木で、このキノコを良く見かけました。裏返して見ると、一面に棘のようなものが見えます。「猫の舌のようなキノコ」で検索して出て来た、ニカワハリタケに似ています。

Kp8161454a

顕微鏡モードで撮ってみました。凄いでしょ?

Kimg_0585 Kimg_0590

こちらは遠くからも目立つ大きなキノコの一軍です。右のサンプル瓶が約120mmくらいですから傘の大きさは150~200mmくらいでしょうか。

Kimg_0587

ツキヨタケかと思って、柄の部分を中心に裂いて見ましたが、黒いシミがありませんでした。でも、図鑑を見ると、「黒いシミのほとんどないものもあるので注意!」と書かれていました。

Kp8161450 Kimg_0582

落葉広葉樹林で見かけたキノコです。

Kimg_0579 Kimg_0565

樹上に生えるキノコ。

左のミズナラの周りは、とても良い匂いがしました。原因はキノコではなく、コガネムシの仲間・・オオチャイロハナムグリのようです。私が指さすと、甲虫採取のお兄さんが急いで捕まえていました。

右のキノコは、傘の裏に虫が沢山集っていました。

Kp8161460a

このキノコも彼方此方で見かけました。ソーメンタケの仲間でしょうか?

ツリシュスラン(富士山)

せっかくの休みなのに、台風の影響で午後から崩れるとの予報でした。

Otimg_0641

早朝、萌の散歩に行く前の富士山です。笠雲がかかり、横に不気味な雲が待機しています。「昼までに帰ろう!」と言う事で、お目当ての植物を見に行って来ました。

ところが、富士山は早くから機嫌が悪く、瞬く間に雲に覆われた上に雨が降り出して来ましたweep

お目当ての植物はこれ!

Otp7082064

7月上旬、着生していた樹木から落下していた株を撮りました。私が初めて目にしたツリシュスランです。

そして、今日は別の場所を教えてもらい、そこを探索すると・・。

【第一の場所】・・イタヤカエデに着生

Otimg_0665 Otimg_0680s

「あった!」・・花穂が見えていますが、見頃は過ぎて子房が膨らんでいます。

Otimg_0675

デジイチ+18・8倍ズームレンズではこれが限界です。

次は、高倍率ズームのコンデジで撮ってみました。

Otp1030094s Otp1030090

花穂は少なかったですが、株は沢山着生していました。

Otp1030091s

時々日が射したりしましたが、雨が止まず濡れたレンズを拭き拭き撮りました。

Otp1030069s Otp1030066s

かなり画質が落ちますが、更にズーム!デジタルズーム併用です。

【第二の場所】・・ブナに着生

そして、山の神様はもう一つ嬉しい出会いをくれました!第一の場所から離れた林で、ブナの巨木を見上げていると、剥がれかけた地衣類のようなものが見えました。

デジイチで・・。

Otimg_0740s Otimg_0741s_2

「何だろう?あっ、ツリシュスランじゃないか!」こんなところで出会うとは・・。

雨が止まず、暗い写真になってしまいましたcoldsweats01

高倍率ズームのコンデジで・・。

Otp1030103s Otp1030098s

こちらは、一番上の一房を覗き、花弁が褐色になって子房がかなり膨らんでいました。

ツリシュスランは、環境省RDB、静岡県ともに絶滅危惧種の指定はありません。でも、多くの都道府県で、危惧度の高い絶滅危惧種に指定されています。静岡県では、自生種と認識されていないのかもしれません。

山の神様!今日も有難う!写真が撮り難かったけど、雨も涼しかった!

«ヒナノシャクジョウとホンゴウソウ(富士市)