他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

ツクバネソウとエンレイソウ(富士市)

近くの林に生える、ツクバネソウとエンレイソウを撮ってみました。

【ツクバネソウ】

Ap4250307k Ap4250313

実生発芽率の良い植物のようで、十字手裏剣のような葉が、一面に生えている所があります。開き始めの蕾は、チューリップを連想させますね。萼のような部分は「4個の外花被片で、内花被片は無い」と書かれています。

「オシベは8個、柱頭は4裂する」・・図鑑に書かれた通りです。「葉は、4個輪生し・・」とありますが、変異が多く3個~6個くらいのものが見受けられます。

もっと標高の高い所では、クルマバツクバネソウを見る事が出来ます。

【エンレイソウ】

Aimg_1602 Aimg_1604

GPSを眺めながら歩いていて、いつもと違う道に入ってしまいました。すると、写真のエンレイソウに出会いました(歩きスマホだけでなく歩きGPSも危ないので止めましょう!)。

Iamg_1631 Ap4250372

こちらは、別の場所のエンレイソウと苗です。発芽して間もない頃は、一枚葉なんですね。

エンレイソウは、隣の富士宮市などでは、かなりの株数を見る事が出来ます。でも、私の普段の探索範囲(富士市)では、あまり見る事が出来ない希少種です。

Ap4250362

こちらは、「外花被片が3個で、内花被片は普通無い」とあります。普通?あるものも存在するのかな?まだ見た事は無いけど・・。

Aimg_1605 Ap4250370

長野県高瀬川で出会ったエンレイソウは、葉がもっとふくよかで隣と重なり合っていました。

Ap4250369 Ap4250380

左と右では、外花被片の位置が違いますね。初めて気が付きました。

もう少しすれば、標高の高い所でシロバナエンレイソウの花を見る事が出来ます。こちらは、外花被片(緑)と内花被片(白)があります。エンレイソウと違うところです。

ヒナスミレ

苦手なスミレも、少しずつ覚えて行かなくては・・。

【①の場所】

Zimg_1379 Zimg_1396

目覚め始めた林床に、いち早く咲くヒナスミレ・・淡い色合いが良いですね。

Zp4221149 Zp4221153

見比べると、花色もいろいろ・・。

Zp4221174

この場所のヒナスミレは、みんな葉裏が紫色を帯びていました(通常紫色を帯びるそうです)。

【②の場所】

珍しいヒナスミレを・・。

Zdsc06205

シロバナヒナスミレです。

Z041 Zdsc06214

日照が少ないと斑入り葉のように見えますが、少し日当りが良くなると斑が目立たなくなります。

シロバナタチツボスミレもそうですが、純白の花は萼片や花柄に赤紫色が混じらず緑色ですね。

Zimg_4290 Z206

早い時期に咲き、あっという間に花期が終わります。

【③の場所】

Zp4250209

私は、これもヒナスミレだと思っているのですが・・。

Zp4250208 Zp4250207

葉は水平に展開して、側弁の基部に毛が生えています。でも、この場所の株は、葉裏が紫色を帯びていません。

Zp4250214 Zp4250217

花を接写してみました。これはヒナスミレで良いのでしょうか?

分からないついでに・・(①の場所で撮った花です)。

Zp4221189 Zp4221190 Zp4221192

慌てて撮ったため、ピンボケしてしまいましたが・・coldsweats01

側弁の基部に毛が生えています。葉は毛が多く、萼片の先端は尖っていません。最初見た時アオイスミレかと思ったのですが、葉の形が違います。これは、エゾアオイスミレでしょうか?

名前の分かる方教えてください。宜しくお願い致します。

〇〇ハンショウヅル

キンポウゲ科センニンソウ属と思えるこの植物・・名前の分かる方教えてください。

Ap4241335 Ap4241338

花の形などから、シロバナハンショウヅルかと思っていたのですが・・。

Ap4241377 Ap4241379

葉柄は長く、葉は対生、その付け根に一対(2個)の蕾が付いています。稀に右のように二対(4個)の場合もあります。

Ap4241363 Ap4241364

4枚の花弁状の萼片が、開き始めていました。

Ap4241352

シロバナハンショウヅルの「オシベ先端の葯は黄色、メシベは多数あり、白いのが柱頭」・・と書かれています。また、花色は淡黄白色とあります。私には、緑或いは緑に近い黄緑に見えます。

Ap4241327k Ap4241367

葉も掲載しておきます。

Ap4241339 Ap4241341

茎(蔓)の様子も・・。

諸先輩のWeb写真を拝見すると、シロバナハンショウヅルは、図鑑の表現通り淡黄色或いは、黄緑がかっていても「白花」と呼べるような色をしています。これは、ミドリバナハンショウヅルと呼びたいような色です。

これは何でしょう?

ヒトリシズカ(裏庭植物園)

何時の頃からか、裏庭植物園にヒトリシズカが自生するようになりました。この種が、どのようにして運ばれたのか分かりませんが・・。

Zp4100242 Zaas

群生するユキノシタの間から、紫褐色の芽(葉に包まれた蕾)が姿を現しました。右は開花し始めの様子です。

Zp4211022 Zp4211016

ヒトリシズカが沢山・・賑やかでしょ?

茎の上部に4枚の葉が「輪生状に対生」します。

Zp4211015

ヒトリシズカは、センリョウ科センリョウ属だそうです。センリョウの仲間なんですね。知らなかった・・coldsweats01

Zp4211050 Zp4211017

開花して間もない花を、接写してみました。

「花は1個のオシベが3分岐し、外側2個の花糸の基部に葯が付き・・」左の写真を見ると分かりますね。白いブラシのようなのがオシベで、その付け根に見える黄色い部分が葯です。オシベの間に見える透明感のある丸い部分が、メシベの柱頭です。

Zp4211036k Zp4211047

こちらの花は、開花後ある程度時間の経った花です。葯が破れ、花粉が柱頭に付いているのが分かります。更に時間が経つと、左の写真の〇画像の様になります。

今迄、ヒトリシズカの果実(種)を、気にして見た事がありませんでした。今年は、種も観察してみようと思っています。

バイカオウレン(富士山)

この時期に、このエリア付近を訪れた事はありませんでした。

Aimg_1388 Aimg_1391

針葉樹の林床を見ると、とっても小さな白い花が目に入りました。

Ap4221224 Ap4221237

バイカオウレンです。

Ap4221225 Ap4221238

キンポウゲ科の植物は、花弁のような萼片を持ち、その形や数に変異のあるものが多く見受けられます。この花の標準は5枚ですが、ここには4枚、5枚、6枚のものがありました。

Ap4221201 Ap4221221

葯の色がピンクの個体もあれば・・。

Ap4221248 Ap4221247h

白い個体もあります。

黄色い(この写真では黄緑色に見える)部分は、花弁の変化した蜜弁(蜜を分泌)になっているそうです。トウゴクサバノオと同じですね。

ところで、オウレンやセリバオウレンは雌雄異株ですが、バイカオウレンはその記載がありません。数えてみると、花柱は6~8個くらいに見えます。どうしてこちらはセリバオウレンの様に雌雄異株ではないのでしょう?

今日は、カメラのセットを失敗してしまいました。昨日、アオキの写真を撮ったままにしてあったため、画質が荒くなってしまいました。しかも葯にピントが合っていません。困ったものだ・・。

アオキの花

庭の生垣や近くの山林で良く見かけるアオキの花を撮りました。アオキは雌雄異株・・雄花と雌花の違いを観察してみました。

【雄花】

Ap4211006 Ap4211000

黄色い葯が目に付き、花数も多い・・。

Ap4211094

花弁は4枚。

Ap4211002 Ap4211131

あれっ、左の花弁は3枚だ!中には変わり者もいるようです。

右の写真では、蕾と花後の姿が見られます。開花期間を長くするようになっているのでしょうか?

【雌花】

Ap4211005 Ap4211118

雌花は、雄花に比べて数が少ない・・。少し前に記事に掲載したキブシと同じですね。小さい花ですが、黄色い葯が無いので、少し離れたところからも判別可能です。

Ap4211004

こちらも、花弁は4枚。

Ap4211111 Ap4211115

この後の子房の変化も、観察してみようと思っています。

Ap4211120

撮っている間に訪れた虫は、蟻だけでした。

アオキの葉はシカの好物らしく、食害に遭った株を彼方此方で見かけます。「葉は、苦味健胃作用がある」と書かれています。シカの食料と共に胃腸薬にもなっているようです。

休耕畑の植物観察

休耕畑は、茶の木や雑草の刈り取りと並行して、野菜や果樹を植え始めています。何か植えてあれば、放置出来ませんから・・bleah

キヨスミミツバツツジに続いて、休耕畑の自然観察です。

Bp4190953 Bp4190955j

上段の土地に生えるオランダミミナグサとハルジオンです。夕日を浴びて綺麗でした。ハルジオン(春紫苑)はヒメジョオン(姫女苑)と良く似ていますが、一番簡単に見分けられるのは茎の断面です。茎が中空になっていればハルジオン、中に白い芯があればヒメジョオンです。

Bp4190965 Bp4190957

ハルジオンは、除去対象の植物(雑草)ですが、案外可愛くて綺麗な花です。右は茎の開出毛を撮ってみました。上部は疎らな感じですが、下部の茎には多く見られます。

Bp4190949 Bp4190930

オオバウマノスズクサも蕾を付けていました。開花後の花の中には、どんなキャラクターが潜んでいるのでしょう?

Bp4190952 Bp4190948

こちらは、ミツバウツギのようです。

Bp4190942 Bp4190951

これは・・?

ボタンヅルかと思ったのですが、葉が違う・・。センニンソウ属〇〇ハンショウヅル?開花が楽しみです。

Bp4190989

私の背丈よりも伸びた茶ノ木に野鳥の巣がありました。もう空き家になっていましたが、家主は誰でしょう?

休耕畑の自然観察も楽しいものです。

«キヨスミミツバツツジ