他のブログ・HP

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

盆栽に着生したクモラン

庭木の剪定は、立ち馬や脚立に登るため結構疲れます。場合によっては、木に登って枝切をするので体中痛くなります。疲れた時には、椅子に座り父親が残した盆栽の剪定をします。これはこれで大変ですが・・。

寄せ植えの針葉樹を剪定していると・・。

Aokpc090700

「あれっ、なんだこれ!」

Aokpc090671 Aokpc090687

カヤランかと思ったけど、根が太い・・。

Aokpc090685_2 Aokpc090675

枝を裏返して見ると、果実が付いていました。「クモランだ!」

Aokpc090698 Aokpc090694

果実は、左の様に枝の下にぶら下がっていました。

この盆栽を剪定したのは数年前・・その時には気付きませんでした。こんな細枝で、良く発芽し成長したものだと思います。種は何処から飛んで来たのだろう?近くに、着生している木があるかもしれない・・。裏庭植物園の樹木を剪定しながら探してみよう!

クモランは、環境省、静岡県とも絶滅危惧種に指定されておりませんが、指定されている県が沢山あります。

オシャグジデンダ(富士山)

今朝は、大分冷え込みました。でも、これが例年の気温だと思いますが・・。

Aasimg_4960

いつも、こんなふうに機嫌が良いと嬉しいですね。

紅葉も終わり、葉の落ちたこの季節だからこそ見つけやすい植物もあります。この日は、沢山のオシャグジデンダに出会いました。

Aasimg_5179 Aasimg_5223 Aasimg_5280

このエリアでは、多くの木に着生していました。今迄、彼方此方で見て来ましたが、こんなにまとまって生えている場所は初めてです。

Aasimg_5169 Aasimg_5164

乾燥してくると、葉を丸めて冬越しします。常緑かと思ったら、夏になると紅葉したように黄色くなり葉が落ちます夏落葉性のシダだそうです。秋に落葉して休眠すればいいのに、変わり者のシダですね。

Aasimg_5248 Aasimg_5259

オシャグジデンダは、環境省、静岡県とも絶滅危惧種の指定はありませんが、隣の山梨県では、準絶滅危惧種(NT)に指定されています。そして、杉野孝雄先生の「静岡県産希少植物図鑑」にも掲載されている希少種のシダです。

Aaspc080661 Aaspc080663

ソーラス(胞子嚢群)を撮ってみました。「ソーラスは円形で、羽片の中肋と羽の縁との中間につく」と書かれています。

中肋(ちゅうろく)って何だろう?調べてみると「葉の中央を走る葉脈の隆起した部分の事」だそうです。素人には、図鑑の説明を理解するのも大変です。

コアツモリソウの果実と種子

深山で、希少種の野生ランを見付けても、その果実や種子を観察する機会はなかなかありません。今回、コアツモリソウの果実と種子を見る事が出来ましたので、記事にまとめてみました。

Kon_1 Kon_2 Kon00

初めて果実の姿を見たのは、左の写真です。昨年の5月下旬に見つけましたので、一昨年の果実という事になります。垂れ下がって咲く花からは、予想出来ないような姿に出会えて感動しました。

Kon_4 Kon_6 Kon_10

受粉して子房が膨らんでくると、右の様に果柄が起き上がって来ます。この姿は、今年初めて見ました。

Kon_7 Kon0001

垂れ下がる花柄は、二枚葉の間にいます。そして、子房の膨らみと共に、二枚葉の間を起き上がって来ます。葉にぶつかる事の無いような構造になっているのですね。

コアツモリソウは、冬に地上部が枯れ休眠します。開花から受粉、そして果実が成熟するまでは、結構時間がかかるようです。

Kon_15

ドライフラワーになった(今年の)株を見付けましたので、標本用に採取して来ました。まだ種子が残っているようです。

Kon_16 Kon_11

葉と果実を接写してみました。

Kon_14 Kon_12

こちらは、冒頭の写真に写っている果実です。鞘の割れ目から、種子が飛散した後の姿です。ところで、この果実には花弁らしきものが残っています。一年間、無事でいた事になります。

種子を撮ってみました。

Kon01 Kon_18

白い紙に乗せたら見えなかったので、黒い紙の上に乗せて撮りました。とっても、小さな種子です。アキザキヤツシロランも小さいと思っていたのですが、こちらも小さい!鼻息で飛んでしまうので、無呼吸撮影です。

Kon_20 Kon_19

かなり画質が落ちますが、デジタルズームを利かしてみました。両方とも中央部に飴色の部分が確認出来ます

コアツモリソウの種子に、発芽の養分を与えてくれるのはどんな菌でしょう?ベニシュスランやハクウンランの自生地の菌で発芽するだろうか?

近くの山林で出会った植物②

暖かい日が続いています。

②は、足元の紅葉と、苔のような名前の羊歯・・コケシノブの観察です。

【足元の紅葉】

Cmimg_4851

足元で見られる紅葉・・綺麗でしょ?

Cmimg_4847 Cmimg_4843

大きくなったカエデ属より、遅れて紅葉するようです。

Cmpc030128

「縁には鋭い重鋸歯がある」・・イロハモミジの特徴です。

Cmimg_4879 Cmimg_4903

次は黄色い葉です。左はカジカエデの赤ちゃんかな?右は誰かが石の上に置いたのでしょうか?

Cmpc030167

右の葉の鋸歯を撮ってみました。「縁には細かい鋭鋸歯がある」・・オオモミジの特徴です。

【コケシノブ属】

Cmimg_4801

林内の一部のエリアに、苔のような名前の羊歯・・コケシノブ属が、沢山生えていました。

Cmpc030062 Cmpc030065

葉の表と裏を接写してみました。

Cmpc030072 Cmpc030068

更にズーム。葉の縁がギザギザしているのが、コウヤコケシノブの特徴だそうです。葉裏を見ると、葉脈上に褐色の毛(鱗片?)があります。これはキヨスミコケシノブの特徴だそうです。素人の私には、両方の特徴を持っているように見えますが、これはどちらでしょう?ご存知の方教えてください。

近くの山林で出会った植物①

近くの雑木林で出会った、気になる植物の続きです。

Bmimg_4717_2

萌の朝散歩の時に撮った富士山です。富士山は白いけど、下界は暖かな日でした。

Bmimg_4777_2 Bmimg_4778_2

葉の落ちた枝にぶら下がっているのは、リョウブの果実です。

Bmimg_4774_2 Bmimg_4772_2

こちらは、クマシデでしょうか?

Bmimg_4763_2 Bmimg_4770_2

タマアジサイのドライフラワーと、イケマの果実(袋果)かな?

Bmimg_4869_2 Bmimg_4873_2

落ち葉の中に見える緑の葉は、イチヤクソウです。右の葉を見てください。レンズカバーの直径は約70mmφです。今まで見た中で、一番の大きさだと思います。

Bmimg_4833_2 Bmimg_4817_2

こちらはツルリンドウです。果実が生っていました。

Bmpc030083_2 Bmpc030079_2

「果実は液果で、柄は花後に伸びる、液果の頂には花柱が残る」・・図鑑に書かれた通りです。

さて、前回探索の宿題を・・。

Bmpc050222_2 Bmpc050220_2

液果を割って種子を撮ってみました。

Bmpc050235_2 Bm243_2

果肉は透明感があり美味しそうです。でも、まだ長生きしたいので、やたらに味見はしません。

「種子の周りに翼がある」・・確かにありました。この翼は何のためにあるのでしょうか?

近くの山林で出会った野生ラン(富士市)

不法投棄のパトロール後に、近くの山林で出会った野生ランを集めてみました。

【サイハイラン】

Aoimg_4881

幅広の笹のような一枚葉・・サイハイランです。稀に、二枚葉もあります。

【エビネ】

Aoimg_4920

笹に隠れるように生えているエビネです(ピントがずれてしまいましたcoldsweats01)。

Aoimg_4924 Aoimg_4913

果実が幾つか見えています。花粉媒介者(ポリネーター)は、ニッポンヒゲナガハナバチなどの中型のハチ類だそうです。

【オオバノトンボソウ・ササバギンラン・ムヨウラン】

Aoimg_4824 Aoimg_4828 Aoimg_4886

左と中はオオバノトンボソウで、右はササバギンランです。どちらも、冬には地上部が枯れ休眠します。

Aopc030098 Aopc030149

左はオオバノトンボソウの果実、右はムヨウランの果実です。ムヨウランの果実は、来年の蕾が出る事まで腐らずにいます。

【シュンラン・クモキリソウ】

Aoimg_4858 Aopc030163

この落葉広葉樹林内では、彼方此方でシュンランを見る事が出来ます。右の写真には、クモキリソウとシュンランが写っています。どちらも、比較的出会う事の容易な野生ランですが、ツーショットは珍しいと思います。

Aopc030137 Aopc030155

春を待つシュンランの蕾と、クモキリソウの果実です。

Aopc030157 Aopc030160

葉と球根を撮ってみました。

クモキリソウ・・ちゃんと花を見なければ?マーク付きとなるのですが、上記のような果実が生り、冬に地上部が枯れ休眠する野生ランは、この標高辺りではクモキリソウとジガバチソウがあります。この場所では、クモキリソウしか見た事がありませんので、クモキリソウとしました。

【イチヨウラン】

Aopc030044

シュンランやエビネの生える標高でも、イチヨウランが育つことを知り驚きました。今年の春までは3株あったのですが、一枚の葉を虫に食べられたようで、そのまま枯れてしまったのかもしれません。

Aopc030036 Aopc030043

片方に蕾が見えます。亜高山帯に生えるイチヨウランと同じく、蕾をもって冬を越します。種が手に入ったら、横に蒔いてみようと思っています。

【カヤラン】

Aoimg_4933a

望遠マクロレンズで撮りましたが、ピンボケしてしまいました。葉の下に見えるのは蕾?カヤランの蕾は、今頃姿を現すのでしょうか?

Aop1030250 Aoimg_4948

こちらは、小さな花から想像も出来ないような形の果実です。

【クモラン】

Aopc030179

カヤランと同じく樹上に生える着生ランです。この植物は、葉が無く根が光合成を行っているそうです。変わっていますね。

Aopc030188 Aopc030193

樹皮にめり込むように(密着して)生えています。

二時間足らずの探索時間に、10種類もの野生ランを見る事が出来て幸せな日でした。野生ランは、花の季節以外でも、心を引き付けるものがあります。

遅れて咲いたコウヤボウキとキッコウハグマ

今日の午前中は、不法投棄のパトロールに行きました。その帰り、少しだけ雑木林を探索して来ました。

【コウヤボウキ】

Ampc030121 Ampc030108

もう、毛の密生した痩果(そうか)が見られると思ったら、まだ花の咲いた株がありました。

Ampc030111 Ampc030112

面白い花でしょ?コウヤボウキ属の花は、筒状花の集合体で、花冠の先端が丸まっています。

【キッコウハグマ】

Ampc030174

キッコウハグマの花も、一輪だけ咲いていました。この花は、撮るのが(ピント合わせが)難しい・・。

Ampc030057 Ampc030056

「痩果は、長さ4.5mmほどで密毛がある」と書かれています。毛が線香花火のようですね。

Ampc030058 Ampc030059

果実の棘は、飛来した先で何かに摑まるためにあるだろうか?

最後に、この日見たおまけです。

Ampc030030 Amp1030234a

左は、桜の木の下の方に空いていた穴・・キツツキの仲間が開けたのでしょうか?小動物の住処になっているようです。右は、ヒノキの大木に作られたハチの巣です。キイロスズメバチかな?

午後は、趣味の野菜畑に行きました。例によって、指と腕と腰が痛い!

このところ、インターネットエクスプローラー(IE)が突然応答しなくなる事があります。OSはWindows 10ですが、Microsoft Edgeだとブログ作成で不具合があるため、IEを使っています。今日も、写真を貼り付けた所で、停止してしまいました。困ったものです。

«竜爪山の植物観察