他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

不法投棄監視パトロールで出会った花(9月中旬)

9月15日に、不法投棄監視パトロールを行いました。その林道で出会った、花を集めてみました。

Ap9151423 Ap9151433

この辺りには、アカバナのゲンノショウコも咲いています。神様は、どうしてアカバナとシロバナを作られたのでしょう?「紅白で、お目出たいからじゃない?」・・家族の弁です。

Ap9151550

ヤマホトトギスの花が咲いていました。花被片が、下向きに強く反り返るのが特徴の一つです。似た花のヤマジノホトトギスは、花被片が水平かやや下向きに反り返る程度です。Web図鑑には、水平くらいまでと書かれていますが、中には少し下向きになる花もあります。

Ap9151554 Ap9151553

ヤマホトトギスは、ヤマジノホトトギスやホトトギスより早く咲きます。また、ヤマジノホトトギスは、オシベの下の方に紫斑点が無く、ヤマホトトギスは紫斑点があると書かれています。でも、ヤマホトトギスでもこの花のように、紫斑点が僅かな花もあります。一つの特徴だけで判断しない方が、迷わなくて良いですね。

Ap9151519 Ap9151518

ツルリンドウの花が咲いていました。この林道では、もう少し先になると、リンドウの花も見る事が出来ます(←洒落coldsweats01)。

Ap9151389 Ap9151391

ヤマトウバナの白い小さな花が、団体さんで咲いていました。

Ap9151359

渓流の岸壁に咲いていたのは、ミズタビラコの狂い咲きでしょうか?

そして・・。

Ap9151362 Ap9151361

林道や渓流沿いで良く見られるタマアジサイです。

でも、なんか変でしょ?一般的には薄紫のはずの両性花が、この花の場合は白い・・。こんな花は、初めて見ました。

Ap9151547 Ap9151537

紅の豚・・ミヤマウズラも咲いていました。右の大口を開けた方が、開花後時間の経った花です。

Ap9151397 Ap9151457

ホトトギスとアケボノソウはまだ蕾でした。この先の渓谷には、ダイモンジソウ、ジンジソウ、シラヒゲソウ、イワシャジンなどが咲きます。月末くらいが丁度良いかな?

アキザキヤツシロラン実生栽培実験(9月中旬)

昨晩から今日の未明にかけて、凄い暴風雨でした。屋根が吹き飛ばないか心配で、安眠出来ませんでした。幸い、これといった被害はありませんでしたが・・。

次回記事は、無事開花してからと思っていたのですが、花を見る前に枯れてしまわないか心配で、途中経過を記事にしました。昨年、花茎が伸びるまで行かなかったので、とても不安なんです。

Ap9170019 Ap9170021

①の容器の中で、左の板が持ち上がって来ました。どうしたのだろうと思い捲って見ると、太い花茎が姿を現しました。

Ap9170023

蕾が見えます。竹の板を、取り除いた方が良いのか迷っています。下手にいじると菌子束と縁が切れてしまうし・・。自生地の観察経験から、そのまま置いて見る事にしました。

Ap9170059

②の容器です。この容器は、①と少し違う実生床にしてあります。クロヤツシロランの実生実験程ではありませんが、ポツポツ蕾が見えています。

Ap9170063 Ap9170052

接写してみました。蕾が褐色っぽい・・クロなんて事は無いと思うけど・・。

Ap9170060 Ap9170061

こちらにも・・。

Bp9170064

②の容器では、部材に紛れ込んでいたシダの胞子が発芽したようです。そして、キノコの子実体が時々姿を現します。左上に貼り付けた蕾は、花茎がとても細く、他の植物が姿を現したかと思いました。

そろそろ、自生地の花が咲き始める頃ですが、実生実験容器の開花を早めるための加温などを止めにして、ワーディアンケースに入れてあるだけです。今回は、無事咲かせる事が、第一目標なので・・。

富士山麓で出会ったキノコ②

続きです。

【ビョウタケの仲間】

Dp9131013

この小さな黄色いものは、粘菌かと思ったらビョウタケの仲間ようです。

Dp9131014 Dp9110671

上と左は山麓で出会いましたが、右は、亜高山帯の針葉樹に生えていたものです。似ていますが、色合いが少し違うようです。「ビョウタケは若干橙色、モエギビョウタケは鮮やかな黄色」とあります。上と左はビョウタケで、右はモエギビョウタケでしょうか?萌葱・・萌の登録名と同じです。

【ヒトヨタケ科キララタケ?】

Dimg_8553

落葉広葉樹林の倒木に、びっしり生えていました。

Dp9131232 Dp9131233

イヌセンボンタケを思い浮かべましたが、色が違いますね。傘の表面が細かい粉で覆われていて、私の図鑑ではキララタケの幼菌に似ています。

【モエギタケ科スギタケモドキ?】

スギタケに似たキノコ・・。

Dimg_8362

良く見かけるのは、下のような姿ですが、こちらは傘が開いています。

図鑑を見ると、これに似たキノコは、スギタケ、スギタケモドキ、ヌメリスギタケ、ヌメリスギタケモドキ、ツチスギタケなどが掲載されています。この内で、スギタケとツチスギタケは地上に生えるそうですから、除外されます(※図鑑によっては、スギタケが枯れ木に生えると書かれたものもありました)。

Dimg_8361

こちらは傘が開いておりませんでしたが、近くに生えていて、イボの感じなどが似ています。

Dimg_8530

横からも撮ってみました。柄も似た感じですね。

幼菌の時の傘の突起(図鑑では、トゲ状のささくれ)からすると、スギタケモドキではないかと思います。

【不明】

Dp9131247 Dp9131244

落葉広葉樹林内に、白いキノコが沢山生えていました。ブナハリタケかと思って近づくと、傘の裏に針が無い・・。

Dp9131246 Dp9131299

裏側の様子・・柄が無くスギヒラタケに似ていますが、この木はスギではありませんでした。何だろう?

右は、隣に生えていたホウキタケの仲間です。カレエダタケでしょうか?

【変形菌?】

Dp9131111 Dp9131120

この小さな粒粒は、変形菌でしょうか?

キノコの記事はこれでお終いです。山野を歩いて何年かになりますが、同じ場所でも初めて出会うキノコがいろいろあります。食用になるか否かは別として、キノコの観察も楽しいものです。

「?」マークばかりで恐縮ですcoldsweats01。名前の分かる方、教えてください。

富士山麓で出会ったキノコ①

今日は雨・・少し寒かったので、萌の散歩はレインコート着用です。不法投棄監視パトロールを、昨日やっておいて良かった!

先日、ある植物の果実を探して、西臼塚~浅黄塚~水ヶ塚辺りを歩きました。その時出会ったキノコを集めてみました。それにしても、今年はキノコが少ない・・。天候不順の影響だろうか?

【ロクショウグサレキンモドキ】

Dp9131041 Dimg_5263

林内では、あまり見かけない色彩が目に入りました。ズキンタケ科ロクショウグサレキンモドキの子実体だと思います。富士山麓を歩いていると、青いペンキを塗ったような枯れ木を見かけます。これは、ロクショウグサレキンやロクショウグサレキンモドキの菌が繁殖したものだそうです。

Dp9131055 Dp9131051

綺麗な色でしょ?ロクショウグサレキンとロクショウグサレキンモドキの違いは、柄が中心についている方が前者、中心からズレている方が後者だそうです。この子実体は、中心からズレていましたので、ロクショウグサレキンモドキだと思います。

Dp9131044 Dp9131060

何故かピントの合わせ難いキノコです。キノコの名前に「腐れ」って、なんか変・・。

【ズキンタケ】

Dp9131135 Dp9131134

同じく、ズキンタケ科のキノコです。傘の色が、黄色味を帯びたものも見かけます。食べられるそうですが、稀に数本見つかるだけなので、とても食べた気になれませんね。

【チシオタケ】

Dp9131310

この傘の形と色具合を見て、以前ブログを訪問してくださった方から教えて頂いたチシオタケだと思いました。

そこで・・。

Dp9131309 Dp9131312

可哀そうだけど、小枝で傘を傷つけてみました。すると、血がにじんだようになりました。

私は、キノコの名前が殆ど分かりませんが、図鑑だけでなく現物を見ると、言葉で表現出来ない微妙な色具合や質感などを知る事が出来ますね。

【ムラサキアブラシメジモドキ?】

Dp9131104 Dp9131103

今年はこのキノコもあまり見かけませんが、例年この時期になると彼方此方に生えて来ます。柄も傘も紫色で、傘にぬめりがありますので、ムラサキアブラシメジモドキではないかと思っているのですが・・。

【ヌメリツバタケモドキ?】

Dp9131126 Dp9131121

傘にぬめりがあり、透明感のあるキノコです。ヌメリツバタケかと思ったのですが、ヒダが乱れているのでヌメリツバタケモドキかな?

右には、キノコを食べにやって来たと思われるザトウムシが写っています。ザトウムシがキノコを食べている所を幾度か見た事があります。こんな小さな体で大食漢のようです。

キノコの名前、間違っていたら教えてください。

ピンクのツリフネソウとの再会(富士山麓)

このブログを開始した年・・2010年の9月に、富士山麓でピンクのツリフネソウに出会いました。ところが、道路脇の草刈りで刈り取られてしまい、翌年から見る事が出来なくなりました。

それから7年の時を経て、またピンクのツリフネソウと再会する事が出来ました!

Bp9131326

あの時の子孫か分かりませんが、近い所ではあります。

Bp9131327 Bp9131328

株数は少ないですが、この場所ならこの先も生き残ってくれるでしょう。

Bp9131333 Bp9131334

それにしても、面白い形の花ですね。口を開けたチョウチンアンコウみたい・・。

C1505467532

個体毎に花色の濃淡はありますが、一般的に見られる花と比べてみました。ツリフネソウは、園芸品として知られているホウセンカと同じく、ツリフネソウ科ツリフネソウ属の一年草です。

念のため、果実が弾ける頃種を採取して、保護の保険を掛けたいと思っています。

樹上の居候(富士山)

林床に生える、ある植物を探し歩きました。下ばかり向いていたので、首の運動に樹上に着生する植物も撮ってみました。

Aimg_8467

スグリの仲間、ヤシャビシャクに果実が生っていました。緑色のまま熟しますが、とても良い香りがします。実生発芽率の高い植物です。わざわざ厳しい環境に生えているのは、どうしてでしょう?

Aimg_8316 Aimg_8516

こちらは、果実が見えません。実生発芽後、早いもので2年目には果実を付けます。

右はマツノハマンネングサです。絶滅危惧種に指定されていますが、この辺りには結構生えています。

Aimg_8431 Aimg_8520k

フガクスズムシも、コケやノキシノブに守られるように生えていました。

Aimg_8444 Aimg_8458

左の写真には、ダイモンジソウの影にフガクスズムシが隠れています。ダイモンジソウの開花は、もう少し先かと思っていたのですが、咲いている株もありました。園芸品を栽培している人は、「下界でもまだなのに、富士山ではもう咲いている?」と思われたかもしれません。冬の訪れの早い山のダイモンジソウは、下界よりもずっと早く咲きます。

Aimg_8491 Aimg_8493

こちらでも・・。

Ap9131095 Ap9131097

手の届くところ(低いところ)は、日照の関係かまだ蕾でした。

Ap9131093 Ap9131088

こちらは、倒木に居候しているダイモンジソウです。ダイモンジソウの花茎は、このような赤軸と上の写真のような緑軸があります。でも、花は同じです。

Aimg_8510 Aimg_8504

アオベンケイも蕾を持っていました。

Aimg_8495 Aimg_8500

次に訪れる時には咲いているかな?アオベンケイは、絶滅危惧種に指定されておりませんが、私の探索エリアではマツノハマンネングサよりも遥かに希少種です。

ところで・・。

Aimg_7906 Aimg_7908

別のところで出会ったベンケイソウの仲間です。近視で老眼の私は、最初ヒヨドリバナかと思いました。アオベンケイよりずっと丈が大きかったので・・。

私には初見の植物・・ミツバベンケイソウです。「葉は3個輪生・・」とありますが、左の写真で分かるように、4個輪生している場合もあります。

週末の台風が心配です。早く消滅してくれないかな・・。

キンポウゲ科トリカブト属

富士山や愛鷹山周辺で一般的に見られるトリカブトは、ヤマトリカブトだと思っていますが、自生地によって花色などに変異が多く、私には良く分かりませんのでトリカブト属としました。「林縁では斜上し、草原では直立する」とあります。愛鷹山系の渓谷で見るトリカブトは、懸崖のような姿です。

【富士山富士宮口5合目付近】

Ximg_8201

手の届かない斜面に咲いていたので、望遠ズームで撮りました。花色は、個体毎に微妙に違いがあります。この花は濃いですね。

Xp9110827

手の届くところに咲いていた花です。

Xp9110828 Xp9110829

結構面倒な(複雑な)形をした花です。

Xp9110831 Xp9110833

花芯をズーム。オシベに毛の生えたものと無毛のものがあると書かれています。この個体には毛が見えます。

ちょっと変わった花を発見!

午前中の一人歩きと午後の観察会でヘトヘトになり、気合を入れて撮りませんでしたので、ピンボケになってしまいましたcoldsweats01

Xp9110855 Xp9110856

烏帽子に白い鼻筋が通っています。ハクビシンの顔みたいですね。

Xp9110858 Xp9110860

こちらにも・・。数株ありましたから、固定した変異(実生株も同じ花が咲く)だと思います。

【高鉢駐車場付近】

Xp9110893 Xp9110922

まだ蕾だけの株が、彼方此方にありました。5合目では、果実の姿も見ましたから、個体毎の開花時期にかなり違いがあるようです。

Xp9110926 Xp9110925

5合目の花は、烏帽子を被っていましたが、ここの花は烏帽子が浮いている・・。この花を撮った時間は、17時を越えていました。もの好きでしょ?

【西臼塚周辺】

Xp9131216 Xp9131227

こちらは、トリカブト属レイジンソウです。花冠や花柄に開出毛があると、レイジンソウだと書かれていました。諸先輩は、アズマレイジンソウと呼んでいるようですが、これは屈毛ではなく開出毛ではありませんか?

Xp9131206 Xp9131213

咲き始めなので歪な花ですが・・。「アズマレイジンソウのメシベは無毛」とあります。これで見ると、無毛のようですが・・。

あるWeb図鑑に、「開出毛があってもアズマレイジンソウと呼んでいる地域がある」というような解説がありました。素人は迷ってしまいます。困ったものだ・・。

«亜高山帯の林床に生える植物観察